文字サイズ
自治体の皆さまへ

台風などの風水害に備えて

2/36

神奈川県 座間市

夏から秋にかけては、突発的な大雨や台風などの風水害が多く発生する時期です。市内では、相模川・鳩川・目久尻川の洪水や、崖地の土砂災害の可能性が高まります。

■日常の備え
川の近くや崖地付近に住む方は、自らの命は自ら守る意識を持ち、避難先、災害情報の取得方法の確認をするとともに非常用持出品を備えましょう。
また、自宅や所有地の樹木などの維持管理・周辺の道路側溝のごみを取り除くなど、いつ起こるか分からない災害に対し事前に備えましょう。

■避難行動と避難所
地震災害と風水害では避難行動が異なります。また、避難所と指定緊急避難場所の違いを確認し、いざという時にすぐ行動できるようにしておきましょう。

▽風水害時の避難情報
次の区域内に居住する方が対象です。各区域は、座間市防災ハザードマップまたは市ホームページで確認できます。
洪水:相模川・鳩川・目久尻川の洪水浸水想定区域内に居住する方
土砂災害:土砂災害警戒区域内に居住する方

▽地震と風水害の避難行動

▽避難所と指定緊急避難場所

■指定緊急避難場所へ避難時の注意点
・避難とは「難」を「避」けることです。安全な場所にいる方は指定緊急避難場所に行く必要はありません。
・避難先は市で開設される指定緊急避難場所だけではありません。安全な場所に住む親戚や知人宅に避難することも考えてみましょう。
・飲食物は持参してください。
・感染症予防のため、マスク・消毒液・体温計を非常用持出袋の中に追加し持参してください。
・ペットの受け入れはアレルギーなど衛生面や臭いの付着などを考慮し、行っていません。
・配慮を要する方を単独で受け入れることはできません。必ず支援者と一緒に避難してください。
・避難に関する問い合わせは、各施設ではなく危機管理課へお問い合わせください。

市が設置する避難施設は、密接・密集・密閉の回避が困難となる状況も想定されます。環境整備に努めていますが、親戚や知人宅などへの避難について備えておきましょう。

■備えようモバイルバッテリー
私生活で常に持ち歩いている携帯電話は、災害時にも家族などとの連絡や情報取得手段として必須です。日ごろからモバイルバッテリーなどを備えておきましょう。

■警戒レベル
気象庁では防災気象情報発表時に「警戒レベル3相当」と「相当情報」を付して発表しますが、市が発令する警戒レベルとは異なります。市からの情報に注意してください。
また、国は令和3年5月に避難情報のガイドラインを改定し、従来の避難勧告は廃止となり、避難指示に一本化されました。なお、警戒レベル5と警戒レベル3についても、避難情報の名称が変更され、令和3年5月20日から運用されています。

担当:危機管理課
【電話】046-252-7395【FAX】046-252-7773

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU