文字サイズ
自治体の皆さまへ

保健師さんの健康宅配便 File No.299

10/15

北海道中頓別町

今月の担当は山村保健師

■新しい助産師の紹介
新しく着任した助産師を紹介します。
皆さんこんにちは。4月から新しく子育て世代包括支援センター(なかとんネウボラ)に入りました助産師の齋藤知秀(さいとうちかさ)58歳です。札幌市で保健センターの母子訪問、産婦人科病棟勤務、高齢者施設勤務、健診センターで勤務していました。
家族は夫と二人暮らしです。3人の子どもがおり、29歳の長男家族には2歳半の孫がいます。28歳の長女家族にも生後4か月の孫がいます。3番目の次男は、東京在住です。子ども3人を年子で出産し、嵐のように子育てをして、あっという間におばあちゃんとなってしまいました。年子で、子どもを育てたので、ゆっくり抱っこをして、丁寧な子育てを出来たかどうかは不明です。
3人の子育ては、転勤先で誰も知り合いがいない中での子育てでした。長男が退院した間もないころ、夜中の2時ごろに世界中で、この時間に起きて授乳に悪戦苦闘しているのは、自分一人ではないかと思い、涙が出てきたのを覚えています。自分と同じよう、夜中に一人だけでいると感じるママが減るようにしたいと日々感じながら仕事をしています。
パパも昔のように仕事ばかりしてはいられず、育児をママと共にしていく時代となりました。仕事も一生懸命したいし、子育ても頑張りたい。泣く子どもを抱っこしたら「ママー」と泣かれてしまって、何をどうしたら良いのかわからないなど、パパのご相談にも乗りたいと思います。
祖母として、祖父として、手伝ってあげたいのにどうしたら良いのか、手を出さずに見守ったほうが良いのか、それとも…
育児をして行くご家族に寄り添いながら、その家族なりのより良い方法を一緒に考えて行く伴走者になりたいと思っています。ママ、パパ、おばあちゃま、おじいちゃま、ぜひ、ネウボラの部屋に気軽にお越しください。(いつでも開放しています。)すぐに、答えが出ないかもしれませんが、一緒に悩んで、一緒に考えて行きましょう。
相談事が特に無くても大丈夫です。誰かに会いたくなったら、私の顔を見に来てください。何も話さなくても大丈夫です。一緒にお茶を飲む時間を過ごしましょう。中頓別町に馴染み、町民のみなさんのお役に立てるように頑張りたいと思います。よろしくお願いいたします。

■なかとんネウボラホットライン
【電話】090-3117-1945
※LINEもやっていますので、ぜひご利用ください!

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU