文字サイズ
自治体の皆さまへ

認知症になっても住み慣れた地域で暮らし続けるために『認知症ケアパス』をご活用ください

4/20

千葉県南房総市

◆認知症ケアパスとは?
南房総市では、「認知症になっても、住み慣れた住まいや地域で心豊かに安心して生活することができる」ことを目標に、認知症ケアパスを館山市、鴨川市、鋸南町と共同で作成しました。
認知症ケアパスには、認知症についての基本的な知識や対応方法、知っておきたい制度やサービスを掲載しています。また、南房総市内にある認知症カフェの情報も掲載していますのでご活用ください。

◆どのように活用すればいい?
「認知症ケアパス」には、認知症の疑いから発症、進行とともに変化していく状態に応じて、どのような医療や介護などの支援を受ければよいのか大まかな目安が示されています。なるべく早い時期から適切な対処方法を知っておくことは、認知症の人の理解やケアに役立ちます。
認知症の進行状況に合わせて、いつ、どこで、どのような支援を受けることができるかを知り、今後の見通しをつける参考としてご活用ください。

◆どこに置いてあるの?
健康支援課、三芳保健福祉センター、各地域センターなど市の関係窓口のほか、市内医療機関、薬局、高齢者相談センターなどで配布しています。また、市ホームページからもダウンロードすることが出来ます。

問合せ:健康支援課高齢者福祉係
【電話】36-1152

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU