文字サイズ
自治体の皆さまへ

【暮らしの情報】募集(3)

18/41

三重県四日市市

■国民健康保険新型コロナウイルス傷病手当金支給適用期間の延長
9月30日までとしていた国民健康保険新型コロナウイルス傷病手当金支給の適用期間を、12月31日まで延長します。

対象:次の条件をすべて満たす人
(1)四日市市国民健康保険に加入している
(2)勤務先から給与の支払いを受けている
(3)新型コロナウイルス感染症に感染または発熱などの症状があり感染が疑われ、療養のために就労できなかった日から起算して連続した3日間のあと、4日目以降も就労できなかった日がある
(4)就労できなかった期間は令和2年1月1日~令和3年12月31日の勤務予定日であり、給与の全額または一部が支給されていない
支給対象日:就労できなかった日のうち最初の3日間を除いた日(ただし、勤務予定ではなかった日を除く)
支給額:(直近の継続した3カ月間の給与収入の合計額÷就労日数)×3分の2×支給対象日数
※上限あり
申込み:事前に電話などで保険年金課へお問い合わせください
その他:申請には、医療機関や事業主の証明が必要です

問合せ:保険年金課
【電話】354-8161【FAX】359-0288

■国民健康保険特定健康診査および後期高齢者健康診査の実施期間延長
新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、緊急事態宣言が9月30日まで発令されていたため、四日市市・菰野町・朝日町・川越町の健診受託医療機関では、実施期間を延長します。必ず事前に医療機関へお問い合わせの上、受診してください。

日時:令和4年1月31日まで
(ただし、昭和21年9月1日~昭和22年1月31日生まれの人は誕生日の前日まで)
持ち物・必要なもの:受診券(対象者へ既に郵送してある受診券をそのまま使用できます)、質問票、健康保険証
場所:12月1日以降は四日市市・菰野町・朝日町・川越町の健診受託医療機関のみ(11月30日までは県内受託医療機関)で受診可能
その他:後期高齢者健康診査は三重県後期高齢者医療広域連合(【電話】059-221-6884)へお問い合わせください

問合せ:保険年金課
【電話】354-8158【FAX】359-0288

■骨髄などの提供を支援します
日本で非血縁者間の骨髄移植や末梢血幹細胞移植を必要としている患者は、毎年2,000人以上になります。一人でも多くの患者を救うには、ドナー登録が不可欠です。ドナー登録は、約2mlの採血で済みます。適合するドナーを待ち望む患者にとって、あなたの登録が命をつなぐチャンスになるかもしれません。
市では、非血縁者間で骨髄や末梢血幹細胞移植を行った市民に奨励金を支給しています。

対象:
(1)骨髄などを提供した市民10万円
(2)雇用事業者(市内に限る)5万円
※申請者は市税に滞納がないことが要件です
その他:申請書は市ホームページから入手できます(日本骨髄バンクの証明書の添付が必要)。申請期限は骨髄などを提供した日から6カ月以内です

問合せ:
奨励金の申請については保健予防課へ。骨髄提供に関しては日本骨髄バンク(【電話】03-5280-1789【HP】http://www.jmdp.or.jp/)へ。
骨髄バンク登録は、四日市献血ルーム「サンセリテ」(【電話】0120-39-5863)で行っています

問合せ:保健予防課
【電話】352-0590【FAX】351-3304【HPID】1001000001153

■人権啓発活動のための人権学習を支援します
▽部落解放研究第55回全国集会(オンライン講座)
日時:11月9日(火)・10日(水)
場所:北九州市
申込み:11月1日まで
その他:申請条件があります。事前に人権センターまでご相談ください

問合せ:人権センター
【電話】354-8609【FAX】354-8611

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU