文字サイズ
自治体の皆さまへ

こんにちは地域包括支援センターです

18/35

熊本県上天草市

■コロナ禍の口腔内トラブル
新型コロナウイルス感染症の影響を受け、マスク生活を余儀なくされています。マスクを着用することで口腔機能(噛んだり飲み込んだりする力)が低下することをご存知でしょうか?
マスクをしていると暑さや息苦しさで、楽に感じる口呼吸になってしまいがちです。口呼吸になると、口の中が乾燥し、唾液が減少し、虫歯や歯周病になりやすくなり、さらに体調も崩しやすくなります。唾液には、口の中の環境をよくしてくれる作用がありますので、唾液が減るとこのような口の中のトラブルや体調不良を招いてしまいます。
唾液はリラックスしているときに出やすいので、ストレスをため込まないこと、また、食事はゆっくりよく噛んで食べることや水分はこまめにとることなどが唾液の量を増やすのに効果的です。さらに歯みがきなどで口の中を清潔にすることも唾液が出やすくなります。
Withコロナ時代、長引くマスク生活による口の変化に気づき、対処すること、そして食生活や睡眠など適切な生活習慣を心掛けることが、健康を守るために大切になり、感染症予防にもつながります。自分の口の中に関心を持って、口腔機能が低下しない生活を心がけましょう。

問合せ:高齢者ふれあい課地域包括支援係
【電話】0969-28-3378

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU