文字サイズ
自治体の皆さまへ

まちのわだい

3/32

熊本県上天草市

■7/14 消防団協力事業所が増えました〜松島町の2事業所を新たに認定〜
本市では、消防防災力の充実強化の推進を図るため、「上天草市消防団協力事業所表示制度」を実施しています。
これは、消防団活動について積極的にご協力いただいている事業所に対して、市が協力事業所の認定を行うもので、認定された場合、市から「協力事業所表示証」が交付されます。
7月14日(水)に、新たに次の事業所が協力事業所となりました。

◯事業所名
(1)元田農業株式会社
(2)合資会社福冨組

■7/14 元行政区長に功労表彰〜市政の発展に寄与〜
7月14日(水)、長年にわたり市政の発展に寄与したとして、市表彰条例に基づき、元行政区長に功労表彰を授与しました。表彰されたのは、大矢野町荒木浜地区の元区長山﨑義幸さんで、平成21年から12年間区長を務められ、地域活動の推進や住民自治の発展に尽力されました。
また、6年以上在職され、令和2年度に退任された元行政区長7人に感謝状を贈呈しました。

■7/16 教良木小学校児童によるマダイの稚魚放流〜全校児童27名が参加〜
7月16日(金)に上天草市漁業者クラブによる、教良木小学校全校児童27人とのマダイの稚魚放流が行われました。
地元の青少年に環境保全・豊かな海づくりへの関心を持ってもらうことを目的として、毎年市内の小学校を対象として行われており、今年で17回目を迎えました。
児童たちは、放流したマダイの稚魚(約5,000匹)が海で泳いでいる姿を、興味津々な様子で見ていました。
放流を終えた児童に感想を聞くと、「放流したマダイが大きくなれるようなきれいな海にしたい」と笑顔で答えてくれました。

■7/17・18 松島中学校陸上部九州大会出場〜男子低学年4×100mリレー〜
7月17日(土)・18日(日)にえがお健康スタジアムで開催された第67回全日本中学校通信陸上競技大会熊本県大会(第48回全日本中学校陸上競技選手権大会・第43回九州中学校陸上競技大会・第76回国民体育大会予選会)男子低学年4×100mリレーで2位となり、第43回九州中学校陸上競技大会出場を決めました。
大会名:第43回九州中学校陸上競技大会
期日:令和3年8月4日(水)~6日(金)
会場:博多の森陸上競技場(福岡県)

■7/28 イーフレンズ「サマーアクティビティクラブ」開催〜市内小学生など20人が参加〜
7月28日(水)に、松島総合センター「アロマ」でイーフレンズ「サマーアクティビティクラブ」を開催し、市内在住の小学生など20人が参加しました。
イギリス出身のティム先生と一緒に、今回はビンゴゲームとネームプレートづくりを体験しました。
ビンゴゲームでは、プロジェクターに次々と映しだされる英語のフラッシュカードで、ビンゴを目指しながら、楽しく英語を学びました。
ネームプレートづくりは、「Red please!」「Blue please!」など、英語で元気に叫び、木の板に自分の好きな色の絵の具で絵を描いたり、ローマ字で名前を書いたりして、個性あふれるネームプレートをつくりました。
コロナの影響で久しぶりのイーフレンズでのイベントでしたが、みんな元気いっぱいに活動しました。

■7/26 今津小学校「地域未来塾」開塾式〜「集中して勉強します!」〜
7月26日(月)に今津小学校の「地域未来塾」の開塾式を行いました。開塾式の中で、6年生の瀧悠斗(たきゆうと)さんと小橋一叶(こばしういか)さんが「暑いけど、集中して勉強に取り組みます。」と抱負を述べました。開塾式の後、参加を希望した5・6年生41人は、2人の学習支援員の先生のサポートのもと、5日間夏休みの課題に取り組みました。今津小の他にも、上小、維和中、大矢野中が夏休み中に開塾式を行いました。
(地域未来塾については、P20生涯学習白書のページをご覧ください)

■8/4 体験を通じ米づくりの大変さを学ぶ〜今津小学校児童が稲刈り体験〜
8月4日(水)、今津小学校5年生30人が、松島町今泉の林田久さんが耕作する田んぼで稲刈りを体験しました。この稲は、天草四郎観光協会の地域観光教育の一環で4月に田植えした苗が実ったもの。参加した子ども達は、「最初は、鎌を使うのが怖かったが、慣れたら怖くなかった」(岩﨑航聖さん)、「きつかったが、面白かった」(岡村直さん)、「農家の人たちの有難さを改めて実感した。ご飯一杯を大事に食べたい」(原田叶望さん)と感想を話し、米づくりの一連の流れを学んだようです。
9月には、今回作ったお米を給食でいただく予定です。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU