文字サイズ
自治体の皆さまへ

令和4年10月1日から 後期高齢者医療の窓口負担割合が変わります

10/24

宮崎県五ヶ瀬町

令和4年10月1日から、一定以上の所得がある人は、現役並み所得者(窓口負担割合が3割の人)を除き、医療費の窓口負担割合が1割から2割に引き上げられます。
これは、団塊の世代が75歳以上になり始め、将来的な医療費の増大が予想される中で、現役世代の負担を抑え国民皆保険を継続するために行われる見直しです。
世帯の窓口負担割合が2割の対象になるかどうかは、75歳以上の人の課税所得や年金収入をもとに、世帯単位で判定されます。
また、制度改正に合わせ、被保険者証が7月と9月の2回に分けて送付されます。

問合せ:町民課住民グループ
【電話】82-1704

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU