文字サイズ
自治体の皆さまへ

新型コロナウイルス感染症を予防するために!

36/38

京都府京丹後市

新型コロナウイルス感染症は、全国で猛威を振るっており、市内でも陽性確認者が発生しています。引き続き感染予防対策を徹底し、ご自身と家族、大切な方を守りましょう。

■感染リスクを下げながら会食を楽しむ工夫
新年を迎え、例年であれば、職場や友人と飲食の機会が増える時期ですが、会食での感染が多く、感染拡大しているとの報告がありますので、注意が必要です。
・飲酒をする場合、(1)少人数・短時間で(2)なるべく普段一緒にいる人と(3)深酒・はしご酒などは控え、適度な酒量で
・箸やコップは使い回さない
・席の配置は斜め向かいで
・会話する時はなるべくマスクを着用
・ガイドラインを遵守したお店を利用

▽飲食機会の3つの約束
・マスクを外すなら大声は出さない
・会食は2時間を目安に
・体調が悪ければ参加しない

■冬の感染予防のポイント
気温の低さや室内の乾燥が気になる冬。感染予防の3つの基本、マスクの着用、こまめな手洗い、身体的距離の確保にあわせて、冬の感染予防のポイントは加湿と換気です。
・人が複数集まる場所では1時間に2回以上は換気をしましょう
・加湿器の使用や濡れタオルを干すなど湿度を40パーセント以上に保ちましょう

■受診・相談の目安と相談窓口
発熱、咳等の風邪症状がある場合は、かかりつけの医療機関に電話で相談してください。かかりつけ医がない方や、夜間・休日の場合は、「新型コロナ医療相談センター」に相談してください。
新型コロナ医療相談センター【電話】075-414-5487
365日24時間

▽相談の目安
・息苦しさ、強いだるさ、高熱等の強い症状のいずれかがある場合はすぐに相談
・重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの軽い風邪症状が続く場合はすぐに相談
・上記以外の方で発熱や咳などの風邪の症状が続く場合は必ず相談
※高齢者、糖尿病・心不全・呼吸器疾患などの基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方、妊婦

■新型コロナウイルス感染症に関する相談は「生活経済緊急支援室」へ!
感染予防や対策・支援制度・疑問・不安・ご意見等、なんでもご相談ください。
【電話】0120-099-552(平日8:30~17:15)
※掲載内容は12月24日時点の情報です。詳しい内容や最新の情報は、お問い合せいただくか市ホームページをご確認ください。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU