文字サイズ
自治体の皆さまへ

「財政」令和3年度一般会計補正予算 補正額16億9,849万円(1)

10/44

京都府京丹後市

市議会12月定例会で、令和3年度一般会計補正予算第8号・9号・10号が可決、成立し、予算総額は387億1,862万円となりました。主な補正項目については、以下の通りとなります。

■新型コロナウイルス感染症対策
▼子育て世帯への臨時特別給付金 7億6,250万円
8号補正予算:3億8,220万円
10号補正予算:3億8,030万円

▽市では現金で一括給付
コロナ禍の影響を受けている子育て世帯に対し、国の「子育て世帯への臨時特別給付金」を一括給付
給付額:対象児童へ1人当たり10万円
対象世帯:18歳以下の児童がいる世帯(児童手当と同様の所得制限あり)
給付対象:平成15年4月2日から令和4年3月31日までに生まれた児童

▼コロナワクチンの3回目接種経費 4,720万円
新型コロナウイルス感染症拡大防止および重症化予防のため、3回目の追加接種を実施

(1)対象者
2回目接種から、原則8カ月以上経過した18歳以上の方

(2)使用するワクチン
ファイザー社ワクチン武田/モデルナ社ワクチン

(3)接種場所
個別接種(各医療機関)
集団接種(弥栄地域公民館)

▼住民税非課税世帯等への臨時特別給付金 7億4,470万円
コロナ禍の影響を受けている住民税非課税世帯等に対し、国の「住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金」を給付
給付額:対象世帯へ1世帯当たり10万円
対象世帯:
(1)令和3年度住民税非課税世帯
世帯全員が令和3年度分市町村民税均等割が非課税もしくは条例により免除されている世帯。ただし、住民税が課税されている者の扶養親族等のみからなる世帯を除く
→市が送付する確認書(口座情報・被扶養状況等)を要返送

(2)家計急変世帯
コロナ禍の影響を受け家計が急変し、世帯員全員の各年収見込額が住民税非課税水準と同等以下になった世帯
→申請書の提出が必要

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU