文字サイズ
自治体の皆さまへ

中等度難聴児対象 補聴器購入費の一部助成

15/31

東京都千代田区 ホームページ利用規約等

身体障害者手帳の交付対象にならない中等度難聴の児童へ、補聴器購入費の一部を助成します。事前の申請が必要です。詳しくはお問い合わせください。
対象:身体障害者手帳の対象とならず、次のすべてに当てはまる児童
・18歳未満で、区内に住所があり、居住している
・聴覚障害による身体障害者手帳を所持していない
・補聴器の使用により、言語の習得など一定の効果が期待できるという医師の意見書が得られる
・両耳の聴力レベルがおおむね30デシベル以上
・対象児童または対象児童の属する世帯員のうち、最も多い区民税所得割課税者の課税額が46万円未満
助成額:補聴器購入費の9割(上限12万3,300円)
※生活保護法による被保護世帯または区民税非課税世帯は、購入費の全額(上限13万7,000円)
※デジタル式補聴器で、補聴器の装用に関し専門的な知識・技能を有する者による調整が必要な場合は2,000円を追加助成
※必要な場合に限り、FM型システム分費用を加算(ワイヤレスマイク上限〈9万8,000円〉、受信機上限〈8万円〉、オーディオシュー〈上限5,000円〉)

問合せ:障害者福祉課障害者福祉係
【電話】03-5211-4214

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU