文字サイズ
自治体の皆さまへ

くらしの情報≪健康≫

13/34

宮城県多賀城市

■成人風しん予防接種費用助成
本市では成人風しん予防接種の費用を助成しています。
対象:接種日時点で市内に住所があり、風しん抗体価が低く(HI法16倍以下またはEIA法でEIA価8.0未満)、次のいずれかに該当する人
(1)妊娠を希望している満19歳~満49歳の女性
(2)接種した時点で妊娠している女性と同居している、風しん抗体価の低い同居人
(3)(1)の女性と同居している、風しん抗体価の低い同居人
助成金額:接種費用の全額(上限1万円)
申請手続きに必要なもの:
多賀城市成人風しんワクチン等予防接種費用助成金支給申請書、風しん抗体価検査結果証明書、予防接種の領収書(原本)、本人名義の預金通帳の写し(金融機関名、支店名、口座番号、口座名義人がわかるもの)、印鑑、生活保護受給証(生活保護受給者のみ)

問合せ:健康課成人保健係
【電話】内線613

■成人男性の風しん追加的対策
公的接種の機会がなかった世代の男性を対象に風しん抗体検査および予防接種を無料で実施しています。
対象:市内に住所を有する昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性
実施期間:令和4年3月31日(木)まで
クーポン券送付:下表のとおり送付済み

*クーポン券の再交付は問い合わせてください

問合せ:健康課成人保健係
【電話】内線613

■心がけで防げる!熱中症対策
家の中でも室温や湿度が高いと、体から熱が逃げにくく熱中症になる場合があります。マスクをつけると皮膚からの熱が逃げにくくなり、気付かないうちに脱水になるなど体温調節がしづらく、注意が必要です。

▽熱中症予防として次の項目に注意しましょう。
(1)部屋の温度をこまめに確認
(2)室温28度を超えないようエアコンや扇風機を上手に使用
(3)喉が渇く前に水分補給
(4)外出時は涼しい服装と日除け
(5)栄養バランスの良い食事と体力づくり
(6)本格的に暑くなる前に汗をかく習慣づくり

▽こんなときはためらわずに救急車を呼びましょう。
(1)自分で水が飲めなかったり、脱力感や倦怠感が強く、動けない
(2)意識がない(おかしい)、全身のけいれんがある

問合せ:塩釜地区消防事務組合消防本部警防課救急対策室
【電話】361-1612

■B型肝炎訴訟無料電話相談会
弁護士による無料電話相談を行います。
日時:7月3日(土)10時~18時
対象:B型肝炎患者または家族(患者が亡くなっている場合は、相続人)
電話相談専用番号:【電話】224-1490または224-1491予約不要

問合せ:B型肝炎被害対策東北弁護団事務局(小野寺友宏法律事務所)
【電話】0120-76-0152

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU