文字サイズ
自治体の皆さまへ

セアカゴケグモにご注意素手で触らないでください

17/44

大阪府東大阪市 クリエイティブ・コモンズ

毒グモの一種「セアカゴケグモ」が本市全域で発見されています。セアカゴケグモは排水溝の側面やグレーチング(側溝などの蓋)の裏、庭石・墓石の間やくぼみ、屋外のブロック・プランターなどに生息し、夏になると活動が活発になります。セアカゴケグモはむやみに人に危害を加えることはありませんが、万一の被害を防ぐために次の点に注意してください。
・屋外の清掃や庭の手入れをするときなどは、必ず軍手と靴下を着用する
・庭やベランダに置きっぱなしのサンダルなどを履くときは、中にセアカゴケグモがいないかを確認する
・クモが巣を張らないようにこまめに掃除をする
特徴(メス):体長約1センチメートルで全体が黒く、背に赤い帯状の模様がある
駆除方法:市販の家庭用殺虫剤(ピレスロイド系)を噴霧する
※卵のうは殺虫剤が効かないため、踏みつぶしてください。
もしセアカゴケグモに咬まれたときは、傷口を水で洗うなど清潔にし、できるだけ早く医療機関で治療を受けてください。クモを殺して持参すると、より適切な治療につながります。

問合せ先:環境薬務課
【電話】072-960-3804
【FAX】072-960-3807

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU