文字サイズ
自治体の皆さまへ

一人ひとりが新しい生活様式で予防マスク熱中症に注意!

18/44

大阪府東大阪市 クリエイティブ・コモンズ

昨年から新型コロナウイルスの流行が続き、感染防止の3つの基本であるソーシャルディスタンス、マスクの着用、手洗いに加え、3密(密集、密接、密閉)を避けるなどの新しい生活様式が引き続き求められています。新しい生活様式における熱中症を予防する行動のポイントを知り、コロナ禍でも熱中症を予防しましょう。

◆熱中症予防行動のポイント
◇対策1
暑さを避けましょう
・エアコンを利用するなど、部屋の温度を調整
・感染予防のため、換気扇や窓の開放によって換気を確保しつつ、エアコンの温度をこまめに調整
・暑い日・時間帯は無理をしない
・涼しい服装にする
・急に暑くなった日や湿度が上がった日は特に注意する

◇対策2
適宜マスクをはずしましょう
・気温・湿度が高い中でのマスクの着用は注意する
・屋外で人と充分な距離(2メートル以上)を確保できる場合はマスクをはずす
・マスクを着用しているときは負荷のかかる作業や運動を避け、周囲の方と充分に距離をとったうえで、適宜マスクをはずして休憩する

◇対策3
こまめに水分補給をしましょう
・飲み物を持ち歩く
・のどが渇く前に水分補給
・1日当たり1.2リットルの量を目安
・大量に汗をかいたときは塩分補給も忘れずに

◇対策4
日頃から健康管理をしましょう
・日頃から体温測定と健康チェックをする
・体調が悪いと感じたときは、無理せず自宅で静養

◇対策5
暑さに備えた体づくりをしましょう
・暑くなり始めの時期から適度に運動
・水分補給を忘れずに、無理のない範囲で行う
・やや暑い環境で、ややきついと感じる強度の運動を毎日30分程度

※高齢者、子ども、障害者は熱中症になりやすいので、充分に注意しましょう。3密を避けつつ、周囲の方への熱中症予防の積極的な声かけもお願いします。

問合せ先:健康づくり課

◆こんな症状があったら熱中症を疑いましょう
・軽度の症状…めまい、立ちくらみ、筋肉痛、汗が止まらない
・中度の症状…頭痛、吐き気、体がだるい、虚脱感
・重度の症状…意識がない、けいれん、体温が高い、呼びかけに対して返事がおかしい、まっすぐ歩けない・走れない

問合せ先:健康づくり課

◆熱中症を疑ったときの応急処置
・衣類をゆるめ、涼しい場所に避難させる
・水分・塩分を補給させる
・冷やしたタオルや氷で脇の下や足の付け根を冷やす
・症状が改善しない場合は早めに医療機関へ

問合せ先:健康づくり課

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU