文字サイズ
自治体の皆さまへ

犬・猫と上手に付き合いましょう

11/16

東京都大田区

ペットは大切な家族の一員です。飼い主にはペットの健康と安全に気を配り、最後まで飼い続ける責任があります。飼育ルールやマナーを守り、地域社会との調和にも気を配りましょう。

■犬を飼い始めたら
・犬の登録と年1回の狂犬病予防注射をする
・外出のときは必ずリードを付ける
・ふんは持ち帰り、尿は水で洗い流す
・できるだけ散歩の前にトイレは済ませる
・無駄ぼえをさせないなど近隣へ配慮する

■猫を飼い始めたら
・できるだけ室内で飼う
・飼い主の連絡先が分かる名札などを付ける
・繁殖を望まない場合は去勢・不妊手術をする
※区では去勢・不妊手術費用の一部を助成しています

■自治会・町会の地域猫活動を支援します
飼い主のいない猫(野良猫)対策を考えている自治会・町会の方は、問合先へご連絡ください。

◇飼い主のいない猫の去勢・不妊手術などの費用助成
助成上限額(1匹あたり):おす13,000円、めす21,000円
※性別問わず10匹まで
対象:自治会・町会など

◎去勢・不妊手術済みの飼い主のいない猫は、片耳の先端をカットしています。

問合せ:生活衛生課 環境衛生担当
【電話】03-5764-0670
【FAX】03-5764-0711

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU