文字サイズ
自治体の皆さまへ

お知らせ掲示板ー子育て・教育ー

18/40

熊本県熊本市

◆令和4年度就学援助申請の受付
内容:経済的な理由により就学困難と認められる児童生徒の保護者等の負担軽減を図るため、学用品費や学校給食費等、就学に必要な援助を行う制度
支給費目:学用品費等、補助教材費、新入学学用品費、修学旅行費、通学費、医療費、学校給食費、校外活動費
※それぞれの費目で支給額・条件等が異なります。
支給時期:
・(前期)6月末ごろ
・(後期)11月中旬ごろ
※時期は前後する場合があります。
対象:小中学校に在籍する児童生徒の保護者等で、市県民税の非課税世帯など経済的な理由で就学困難と認められる方(私立中学校は対象外)
申込:申請書など必要書類を現在在学中か入学予定の小学校・中学校、または教育委員会指導課へ
※既に令和4年度新入学児童生徒学用品費の申請をした方は、令和4年度の新たな申請は不要。
※申請書は各小中学校、教育委員会指導課で配布。市ホームページからもダウンロード可。
詳しくは、各市立小中学校または教育委員会指導課(【電話】328-2716)へ。

◆「母子家庭等高等職業訓練促進給付金」の相談はお早めに!
内容:経済的自立に必要な資格を取得するために修業する場合、訓練促進給付金を支給します。申請には事前相談が必要です。年度末は相談が集中しますので、令和4年度入学予定の方は早めに相談ください。
支給金額:月額10万円(市町村民税課税世帯は月額7万5百円)
支給期間:修業期間の全期間(上限4年)
対象:本市に住む、看護師(准看護師)、保育士、歯科衛生士、理学療法士、作業療法士等の資格取得を目指す方で、次の要件をすべて満たす方。
(1)20歳未満の児童を扶養する母子家庭の母、または父子家庭の父
(2)児童扶養手当の支給を受けている者と同等の所得水準にある
(3)養成機関において1年以上のカリキュラムを修業し、対象資格の取得が見込まれる
(4)就業または育児と修業の両立が困難であると認められる
(5)過去に高等職業訓練促進給付金を受給していない
申込:事前相談後、修業開始日以降に申請。審査会で支給可否を決定
詳しくは、区役所保健子ども課または母子父子相談室(【電話】372-1228)へ。

問い合わせ:子ども支援課
【電話】328-2158

◆教育委員会会議の傍聴者募集
日時:2月24日(木)午後2時~
場所:市教育センター4階
定員:10人
申込:当日午後1時半~1時45分に直接市教育センター4階へ
※審議内容は市ホームページに掲載。
※YouTubeにてライブ配信を行います。

問い合わせ:教育政策課
【電話】328-2704

◆熊本市子ども会ジュニア・リーダー研修会(無料)
期間:3月26日(土)~27日(日)
場所:豊野少年自然の家(宇城市豊野町山崎1775)
※貸し切りバス利用
対象:子どもたちのリーダーとして活動してみたい市内に住むか通学する小学6年~高校1年生
内容:ジュニア・リーダーの意義・役割、レクリエーション、野外活動、危険予知トレーニングなど
定員:20人(先着順)
申込:2月15日までに電話、ファクスまたはメールで熊本市子ども会育成協議会へ
【FAX】343-5900【E-mail】kumamoto-kodomokai@nifty.com【電話】288-1164

問い合わせ:生涯学習課
【電話】328-2736

◆子育てサポーター募集
内容:子育て中の保護者に代わって、子ども(生後3か月~小学6年生)の預かり・送迎・健診の付き添いなど一時的なサポートをする協力会員(有償ボランティア)を募集しています。
・活動前に講習受講(合計26時間)が必要
・報酬 1時間600円~

◇協力会員になるための講習会
期間:2月21日(月)~3月10日(木)のうちの8日程度
※要事前予約
場所:男女共同参画センターはあもにい
対象:市内に住む20歳からおおむね70歳までの健康な方
費用:テキスト代1,000円
申込:事前に電話でファミリー・サポート・センター〈熊本〉へ
【電話】345-3011

◆母子・父子自立支援プログラム(無料)
内容:児童扶養手当を受給中の方で、就職または転職を希望する方を対象に、策定員がハローワークのコーディネーターと連携して、相談から就職まで継続的な支援を行います
※要事前予約
対象:市内に住む、児童扶養手当を受給している方(生活保護受給者を除く)

問い合わせ:
中央区役所保健子ども課【電話】328-2421
東区役所保健子ども課【電話】367-9130
子ども支援課【電話】328-2158

◆養育費に関する相談受付(無料)
日時:平日(祝日・年末年始を除く)午前9時半~午後4時
場所:東区役所保健子ども課
内容:離婚前後や未婚を問わず、養育費の取り決めや支払いの履行などに関する相談、情報提供など。養育費とは、子どもを監護・養育するために必要な費用です。子どもの生活を保障し、心身の成長を支えることは親として当然の義務です。電話や来所時に気軽に相談ください

問い合わせ:
東区役所保健子ども課【電話】367-9130
子ども支援課【電話】328-2158

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU