文字サイズ
自治体の皆さまへ

くらしの中の人権99

9/40

熊本県熊本市

◆同和問題(部落差別)について正しく理解しましょう
同和問題(部落差別)とは、日本社会の歴史的過程の中で形づくられた身分差別などにより、国民の一部の人々が長い間、経済的、社会的、文化的に低い状態におかれることを強制され、日常生活の上でさまざまな差別を受けるという、我が国固有の重大な人権問題です。
残念ながら、今なお、こうした人々に対する差別発言、差別待遇等の事案のほか、差別的な内容の文書の送付やインターネット上での差別を助長するような内容の書き込み、入居時または宅地建物の取引において、「ここに同和地区はありますか」といった差別につながる内容の問い合わせ、結婚などに絡んだ出身地の調査等がなされるといった事案が発生しています。
差別や偏見に基づくこうした行為は、他人の人格や尊厳を傷つけるものであり、決して許されないものです。
同和問題(部落差別)を正しく理解し、一人一人の人権が尊重される社会の実現を目指しましょう。

問い合わせ:人権政策課
【電話】328-2333

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU