文字サイズ
自治体の皆さまへ

新型コロナウイルス感染症関連情報

2/40

千葉県佐倉市

■千葉県感染拡大防止対策協力金が支給されます
新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のため、県の要請に応じて営業時間を短縮していただいた飲食店に、「千葉県感染拡大防止対策協力金」が支給されます。詳細は、県協力金特設サイトをご確認ください。

◇2月7日(日)までの時間短縮分の協力金[申請受付中]
対象:
・通常午後8時よりも遅くまで営業している飲食店
・1月12日(火)から2月7日(日)までの全期間継続して県の要請(午後8時から翌朝5時までの営業自粛、酒類の提供は午前11時から午後7時まで)に協力した飲食店
・県が要請する感染防止対策を実施することなど
締め切り:3月10日(水)
申し込み:特設サイトからのオンライン申請または郵送で、〒277-8781 千葉県柏市柏の葉5-4-6千葉県感染拡大防止対策協力金(第2弾)事務局へ
※申請書類は特設サイトからダウンロードできるほか、佐倉市役所・佐倉商工会議所・佐倉県税事務所でも配布
申請書類:
・申請書兼実施報告書
・誓約書
・営業許可証の写し
・売上台帳の写し
・(酒類提供がある場合)酒類を提供していたことがわかる書類(メニュー表など)
・営業時間短縮または休業の状況が確認できる書類(店頭への掲示、メニュー表への記載、ホームページなど)
・感染拡大防止対策を実施していたことがわかる書類(実施状況の写真など)
・振込先口座を確認できる書類(通帳の写しなど)
・個人事業主の場合本人確認書類の写し(運転免許証など)
・法人の場合役員などの名簿

◇2月8日(月)からの時間短縮分の協力金[受付開始日未定]
対象:
・通常午後8時よりも遅くまで営業している飲食店
・2月8日(月)から3月7日(日)までの全期間継続して県の要請(午後8時から翌朝5時までの営業自粛、酒類の提供は午前11時から午後7時まで)に協力した飲食店
・県が要請する感染防止対策を実施することなど
※協力金の詳細、受付期間、申請方法、申請書類などは、決まり次第こうほう佐倉、市ホームページでお知らせします
※要請期間中に協力要請が解除になった場合は、協力日数に応じた額となります(1日6万円)
※協力金の申請時に営業時間の短縮および酒類の提供時間の短縮を行ったことや酒類の提供時間などを確認できる書類が必要です。現在実施している協力金制度を参考に、記録をお願いします

問い合わせ:千葉県感染拡大防止対策協力金コールセンター(午前9時~午後6時、土・日曜日、祝日を含む)
【電話】0570-003894

■経済産業省の「緊急事態宣言の影響緩和に係る一時支援金」について
対象:
・今年1月の緊急事態宣言に伴う飲食店の時短営業または外出自粛等の影響を受けた中小法人・個人事業者など
・前年比または前々年比で、今年の1月、2月または3月の売上が50%以上減少した事業者
※幅広い業種が対象となり得ますが、他にも条件がありますので、詳細は経済産業省ホームページなどでご確認ください
給付額:(前年または前々年の1月から3月の合計売上)-(今年1月から3月の任意のひと月の売上×3)
・中小法人など 上限60万円
・個人事業者等 上限30万円
※3月上旬に電子申請で受付開始予定です
※2019年および2020年の両方の確定申告書が必要です。申請をご検討のかたは適正な確定申告を行ってください
※制度の詳細は未定で、変更となる場合があります。経済産業省から情報が届き次第、こうほう佐倉、市ホームページなどでお伝えします

・申請方法など詳細は、経済産業省ホームページをご覧ください

問い合わせ:産業振興課
【電話】484-6145

■住居確保給付金の再支給について
◇離職・減収などで家賃を払えなくなる、または住む家を失ったかたへ
住居確保給付金については、原則1度のみの支給となっておりますが、支給が一旦終了したかたで現在、支給要件に該当するかたに対し、「住居確保給付金の再支給」を3か月を上限に開始しました。
締め切り:3月31日(水)

◇住居確保給付金制度の概要
借りている部屋・家の家賃の支援を受けつつ、安心して仕事探しをすることができます。
(原則3か月間、求職状況により最大12か月。)
給付額:最大4万1千円~6万4千円(世帯人数や月収により異なります)
支給要件:世帯収入および世帯預貯金額が基準額以下
支給回数:1回。ただし、3月31日までの間は、過去に支給を受けていたかたも、再度3か月に限り支給を受けることができます。

問い合わせ:くらしサポートセンター佐倉
【電話】309-5483【メール】seikatsu@sakurashakyo.or.jp

■日本郵便からのお願い
◇新型コロナウイルス感染症の「セルフPCR検査」の検体の郵便取り扱いについて
日本郵便では、検体輸送の社会的要請に応えるために、条件などを満たした「セルフPCR検査」の検体を内容とする郵便物などを取り扱っています。

◇セルフPCR検査キットを提出する際は、下記の点にご注意ください。
・検体が不活化されていること
・検体に対し、医療機関などと同水準の厳重な三重包装がされていること
・ゆうパックなどの差し出しの際には、ラベルの内容品に「コロナ検体(不活化済)」と明記してください。
※詳細は、ホームページ(【HP】https://www.post.japanpost.jp/notification/pressrelease/2021/00_honsha/0118_01.html)をご覧ください

問い合わせ:
日本郵便株式会社 お客様サービス相談センター【電話】0120-232-886
※携帯電話の場合【電話】0570-046-666

※緊急事態宣言発令中は、一部の公共施設を休館または制限のうえ開館します。
詳しくは、市ホームページをご覧ください

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU