文字サイズ
自治体の皆さまへ

ごみ処理施設の整備の方向性を見直します

7/53

北海道旭川市

市ではこれまで、近文清掃工場と廃棄物処分場の更新に合わせ、環境への負荷がより少なくなるよう、ごみ処理の流れ(システム)を見直し、新しいシステムへの移行を目指してきました。しかし、整備コストの高騰など状況の変化を踏まえ、適正なごみ処理体制を確保しつつ、実現可能な整備に向けて方向性を見直すこととしました。

■ごみ処理の流れのイメージ(当初予定と見直し後)
本誌10ページをご覧ください。

■施設整備の方向性

今後、近文清掃工場の処理能力の範囲内で埋立から焼却に移行できるごみを調査・検討し、可能な限り環境への負荷が少なくなるよう取組みを進めていきます。今回見直した内容を「旭川市ごみ処理施設整備基本方針案」として取りまとめ、6/24(木)までご意見を受け付けています。詳しくは、本誌5月号20ページや市HPをご覧ください。

詳細:清掃施設整備課
【電話】25・9751

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU