文字サイズ
自治体の皆さまへ

後期高齢者医療制度の障がい認定

15/36

福島県伊達市

65歳から74歳までの人で、一定の障がいがある人(下記参照)は、申請により後期高齢者医療制度に加入することができます。

■一定の障がいがある人
・身体障害者手帳1~3級および4級の一部の人
・国民年金証書(障害年金)の等級が1級、2級の人
・精神障害者保健福祉手帳1級、2級の人
・療育手帳の障がいの程度が「A」の人

■申請方法
障害者手帳、通帳、現在加入している国民健康保険または社会保険の保険証、特定疾病療養受療証(お持ちの人のみ)、身分証明を持参し、国保年金課または各総合支所に申請してください。

■その他
※後期高齢者医療制度に加入する場合は、現在加入している医療保険を脱退する必要があります。
※加入後でも75歳に達するまでは、申し出により後期高齢者医療制度から脱退することができます。
※資格取得・喪失の日は、申請日以降かつ65歳の誕生日以降です。

◇他の医療保険との違い
(1)医療費の負担割合(毎年8月に定期判定)

※1…市県民税の課税所得が145万円以上の人など

(2)保険料の負担
後期高齢者医療制度に加入すると、保険料は加入者本人が納めるようになります。
社会保険等の被扶養者だった人は、新たに保険料を負担することになりますが、均等割額を5割軽減(2年間)する措置があります。

問合せ:国保年金課賦課係
【電話】575-1198

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU