文字サイズ
自治体の皆さまへ

【特集】障害者週間(12月3〜9日)誰もが笑顔で暮らせるまちを目指して(2)

2/36

東京都目黒区

■誰もが笑顔で暮らせる地域づくりのために「目黒区障害者自立支援協議会」を設置しています
協議会では、7つの専門部会を設置しています。本会議では地域全体の課題を共有して、意見交換することで安心して暮らせる地域を目指しています。

◇障害のある人もない人も共に生きる社会を目指して
コロナ禍で休止しておりました協議会がやっと、復活しました。そして、この間の変化を踏まえ、協議会としても新たな歩みを進めていく時期にきています。これまでも障害のある人もない人も共に生きる社会の在り様がうたわれてきましたが、今後はそれを実現する具体的なアクションが求められます。障害当事者や家族、関係する団体だけががんばるのではなく、広く区民の皆さまの障害への理解をいただきながら、ぜひ一緒に歩んでいただければと思います。
目黒区障害者自立支援協議会会長 岩崎香
副会長 北本佳子

本会議:学識経験者や保健・医療・福祉・教育関係など、さまざまな分野の委員で構成されています。障害のあるかたの支援体制の整備を進めるための方策などについて議論を行います。

本会議で出た意見や情報を各専門部会の活動に反映させます。

専門部会:区の課題やニーズごとに分かれた専門部会で調査や協議を行います。
1.相談支援部会
2.高齢化・グループホーム対策部会
3.一般就労部会
4.施設就労部会
5.意思疎通支援部会
6.子ども部会
松尾由理江さん:わたしも参加しています!
7.防災部会

専門部会での課題を地域全体の課題として、本会議で話し合います。

本会議

■障害者週間記念事業「めぐろふれあいフェスティバル」
日時:12月3日(土)
場所:中目黒GT(上目黒2-1-3)

障害のあるかたとないかたとの交流や、障害福祉を広く知ってもらうことを目的に開催するイベントです。どなたでも参加できます。希望者は当日会場へ。

◇区長表彰(手話通訳付き)
日時:13:00~13:45
障害のあるかたで、自立して生活しているかたや努力しているかたを表彰します。

◇障害者福祉施設・団体の紹介と製品販売
日時:11:30~16:00
手作りの食品や雑貨を販売します(無くなり次第終了)
(1)マフィン(150円)
(2)クッキー(100円から)
(3)シフォンケーキ(230円から)
(4)ミートソース(2個500円)
(5)赤飯(400円から)
(6)パン(200円)
(7)クッキー(150円)
(8)ミニパウンドケーキ(180円から)
(9)ジャム(500円)
(10)土鈴(850円)
(11)ピンバッジ(1,500円)
(12)ブックカバー(550円から)
(13)アクリルたわし(各100円から)
(14)キャンドル(700円から)
(15)キーホルダー(200円)
(16)傘マーカー(500円)

当日販売する製品の一部や障害のあるかたが施設で働いている様子などを、区公式YouTubeチャンネル「めぐろTV」でご覧になれます。当日、会場でも上映します。

■めぐろふれあいフェスティバルdeスポーツ
日時:12月3日(土)12:00~16:00
場所:八雲体育館(八雲1-1-1区民キャンパス内)

場所:八雲体育館
【電話】5701-2984【FAX】5701-2985
誰もが気軽に障害者スポーツを体験できる、スポーツイベントです。ぜひご参加ください。詳細は区HPをご覧いただくか、お問い合わせください。参加希望者は当日会場へ。
種目・内容:(★は16歳以上対象)
・ボッチャ…白い目標球に自分の球を近づける競技
・ペガーボール…逃げる鬼に接着するボールを投げる
・射撃…丸が書かれた標的を狙い撃つ
・エアロバイク…ペダルをこいで運動する(★)
・ラウンドフィットネス…筋トレと有酸素運動を交互に行う(★)
持ち物:運動できる服装、屋内シューズ、飲み物、タオルほか

■障害者週間パネル展
日時:12月5日(月)8:30~12月9日(金)15:00
場所:総合庁舎本館1階西口ロビー
区内の障害者福祉施設利用者が制作した作品などを展示します。

問合せ:障害施策推進課計画推進係
【電話】5722-9848【FAX】5722-6849

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU