文字サイズ
自治体の皆さまへ

Notice from the Yao city -くらし1

8/32

大阪府八尾市

・費用の記載がないものは無料
・申込方法は原則「窓口・電話・FAX」、別に記載がある場合はその方法のみ、「可」とある場合は「窓口・電話・FAX」に加えてその方法
・Eメールでの申込みが可能なものは市ホームページを参照
・市内局番が「9」で始まる地域の市外局番「072」は省略
※1月4日時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、内容が変更となる場合がありますので事前にご確認ください。

■介護保険サービス利用料の所得税医療費控除
介護保険のサービス利用料は、確定申告で所得税の医療費控除が受けられます。
◆医療費控除の対象
(介護予防)訪問看護、(介護予防)訪問リハビリテーション、(介護予防)居宅療養管理指導、(介護予防)通所リハビリテーション、(介護予防)短期入所療養介護、定期巡回・随時対応型訪問介護看護[一体型事業所で訪問看護を利用する場合]、複合型サービス[居宅サービスを含む組み合わせにより提供されたものに限る(生活援助中心型除く)]、介護老人保健施設、介護療養型医療施設、介護医療院
◆上記サービスと併せて利用する場合のみ医療費控除の対象
訪問介護[生活援助中心型除く]、夜間対応型訪問介護、(介護予防)訪問入浴介護、通所介護、地域密着型通所介護、(介護予防)認知症対応型通所介護、(介護予防)小規模多機能型居宅介護、(介護予防)短期入所生活介護、定期巡回・随時対応型訪問介護看護[一体型事業所で訪問看護を利用しない場合および連携型事業所]、訪問型サービス[生活援助中心型除く]、通所型サービス[生活援助中心型除く]
◆2分の1医療費控除の対象
介護老人福祉施設、地域密着型介護老人福祉施設
※介護福祉士などが行うかく痰(たん)吸引などの対価として支払った分も医療費控除の対象となります。詳細はお問合せください。

問合せ:高齢介護課
【電話】924・9360【FAX】924・1005

■おむつにかかる費用の所得税医療費控除
おむつ代が所得税の医療費控除の対象として認められるためには、医師の発行した「おむつ使用証明書」が必要ですが、要介護認定を受けている人で次の条件をすべて満たしている場合は、高齢介護課でも証明書を発行することができます。
(1)おむつ代の医療費控除を受けるのが2年目以降の人
※1年目は医師の発行した証明書が必要です。
(2)市で保有する「要介護認定にかかる主治医意見書」で次のすべてが確認できる人
(2-1)主治医意見書がおむつを使用した年に作成されていること(現に受けている要介護認定の有効期間が13カ月以上の人は前年または前々年に作成されたもの)。
(2-2)「障害高齢者の日常生活自立度(寝たきり度)」が「B1、B2、C1、C2」のいずれかであること。
(2-3)「尿失禁の発生可能性」が「あり」であること。
※本人または家族が証明書の交付を受けてください。手数料は1通300円。所得税および復興特別所得税の確定申告時に、医療費控除の明細書と併せて税務署に提出してください。

問合せ:高齢介護課
【電話】924・9360【FAX】924・1005

■令和4年度食品衛生監視指導計画(素案)市民意見募集
市では、食の安全安心に向けた取り組みを進めるため、同計画の策定を進めています。この素案に対するご意見をお寄せください。
※素案および応募用紙は、2月8日〜、保健衛生課、市役所本館1階総合案内・3階情報公開室、各出張所、緑ヶ丘コミセン、桂・安中人権コミセン、各図書館、生涯学習センター、社会福祉会館にあります。市ホームページからもダウンロード可。
申込み:2月8日〜3月7日(必着)。窓口・FAX・郵送・Eメール・電子申請。応募用紙(自由様式も可、タイトル・住所・氏名・電話番号・素案への意見を記入のこと)。

問合せ:保健衛生課
〒581・0006 清水町1・2・5 保健所内・保健衛生課
【電話】994・6643【FAX】922・4965

■児童手当の振り込み
2月10日付で、児童手当の2月期分(10月〜1月分)を振り込みます。金融機関によっては2・3日入金が遅れる場合があります。

問合せ:こども若者政策課
【電話】924・3839【FAX】924・9548

■子ども・子育て会議市民委員募集
子育て支援サービスや今後の子ども施策に関する計画、子どもにかかわる事業について意見を述べ合う会議の市民委員を募集します。
対象:
(1)認定こども園・幼稚園・保育所(園)・小規模保育施設に入園している子どもの保護者
(2)放課後児童室を利用している子どもの保護者
(3)それ以外の人
※いずれも市内在住の18歳以上で、本市のほかの審議会などの公募市民委員でない人。
募集人数:各1人(選考)。重複申込み不可
任期:4月〜2年間(年3回程度開催)
その他:申込書は市役所本館7階こども若者政策課にあります。市ホームページからもダウンロード可
申込み:2月17日(必着)まで。申込書。窓口・FAX・郵送・Eメール。申込書に「八尾の子どもたちがいきいきと育つために市民としてできること」についての作文(800字程度)を添付のこと。

問合せ:こども若者政策課
【電話】924・3988【FAX】924・9548

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU