文字サイズ
自治体の皆さまへ

あなたの健康をサポート♪ 病院保健師からのちょっと役立つ話

7/33

島根県雲南市

■Vol.13「皆さんは慢性腎臓病(CKD:Chronic(クロニック)Kidney(キドニー)Disease(ディジーズ)を知っていますか?」
◯腎臓の働きとは?
腎臓は腰のあたりに2つ、握りこぶしくらいの大きさです。
・毎日約150Lもの血液をろ過して尿として体外に排出し、血液をきれいに保ちます。
・血圧の調整などに必要なホルモンを分泌しています。
・体の水分量や電解質バランスを調整しています。
慢性腎臓病(CKD)は、腎臓の働きが健康な人のおよそ6割以下に低下した状態、あるいは腎臓になんらかの障害がある状態をさす言葉です。初期にはほとんど自覚症状がなく、気付かずに放置したままになりやすい病気です。腎臓機能の悪化を放置したままにすると腎不全になり、透析が必要になることもあります。
腎臓の機能は「eGFR(イージーエフアール):推定糸球体ろ過量」で判定されます。健康診断の血液検査*で測定できます。eGFRが60未満や尿蛋白などの異常がある状態が続く場合、CKDの該当になります。日本の推定患者数は1,300万人以上、成人の8人に1人と言われています。
*健康診断の種類によってはeGFRが含まれていないものもあります。

◯次のような方は、注意が必要です。健診を受けたりかかりつけ医を受診したりして腎機能を測定してみましょう。
・健診の尿検査の項目で異常を指摘されたことがある。
・尿の色が白っぽい、もしくは赤く濁っている。
・尿が泡立っている。
・夜中に頻繁にトイレに行く。
・顔色が悪いと言われることがある。
・疲れやすい。息切れがする。
・むくみを感じる。

CKDは生活習慣病と相互関係にあり、メタボリックシンドロームがCKDの引き金となったり進行を早めたりします。CKDが進行すると心臓病や脳卒中などの心血管疾患にかかりやすくなることもあります。

◇CKDを予防しましょう
・夜更かしや疲労が腎臓の負担になります。疲れを溜めないようにしましょう。
・肥満を解消しましょう。
・糖分、塩分、脂質の取り過ぎに注意し、バランスの取れた食事をしましょう。
・アルコールは控えましょう。
・たばこはやめましょう。
・ストレスを溜めないようにしましょう。
・適度な運動をしましょう。
・風邪や泌尿器の感染症が腎臓病の原因となることもあります。感染予防に努めましょう。
・糖尿病や高血圧、脂質異常があれば治療しましょう。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU