文字サイズ
自治体の皆さまへ

ほけんだより

15/42

愛知県岡崎市

■クアオルト健康ウオーキング(前期教室)
専門家により認定されたコースを心拍数や血圧などを計測しながら安全・効果的に歩く初心者向けのウオーキング教室です。

内容:座学、ウオーキング
対象:20歳以上各日20人(先着)
※初めてのかた優先。当日の血圧が最小110mmHg以上または最大180mmHg以上のかたは参加不可
申込方法:5月18日(火)から電話で。

健康増進課
【電話】23-6639【FAX】23-5071

■狂犬病予防注射を受けさせましょう
犬の飼い主には、原則毎年4月1日~6月30日の間に、狂犬病予防注射を受けさせる義務があります。未登録の犬は、飼いはじめた日から30日以内に登録と注射が必要です。詳しくは動物総合センターへ。
対象:生後91日以上の犬
持ち物:狂犬病予防注射のお知らせはがき
※2月末までに登録が済んでいるかたへ郵送
費用:集合注射の場合
・登録済みの犬 3,500円
・未登録の犬 6,500円

動物総合センター
【電話】27-0444【FAX】27-0422

■光化学スモッグにご注意を
4月から10月までは、光化学オキシダントが高濃度になり、光化学スモッグ予報などが発令されることがあります。その際はできるだけ屋外での活動を控えてください。特に、子どもや気管支などに疾患がある人は注意が必要です。
目がチカチカしたり、のどが痛むなど、光化学スモッグが原因と思われる体調不良が生じた場合は屋内で安静にし、医師の手当を受けてください。
光化学スモッグ予報の発令状況などは、市ホームページまたは県のメール配信サービスで確認を。

・環境保全課【電話】23-6861【FAX】23-6536
・保健衛生課【電話】23-6187【FAX】23-6621

■蚊による感染症に注意
蚊はジカ熱やデング熱などの感染症を媒介します。海外で流行している感染症が持ち込まれ、国内でも発生する恐れがあります。以下のことに注意しましょう。

(1)雨水のたまる空き缶や古タイヤなどを撤去し、ボウフラの発生を防ぐ。
(2)窓に網戸を設置したり、蚊取り線香を使用する。
(3)蚊の潜む場所では、虫よけスプレーなどを使い、肌を露出しないよう長袖、長ズボンを着用する。

蚊が媒介する感染症の流行地域へ行くかたは、現地の最新情報を確認し、対策を心がけ、妊娠中や妊娠の可能性のあるかたは渡航を控えましょう。

○市内の蚊の生息状況を把握する調査を行っています。
蚊に刺された状況を、紙面のコードから入力・送信する簡単なものです。蚊媒介感染症の対策に活用するため、ご協力ください。

保健予防課
【電話】23-5082【FAX】23-6808

■熱中症は早めの予防が大切
熱中症は5月頃から発生し、7~8月がピークになります。
熱中症を予防するために、本格的な暑さが訪れる前から、少しずつ暑さに慣れていきましょう。熱中症に関する情報は市ホームページで確認を。

○~暑さに慣れる(暑熱順化)方法~
少し汗をかく程度の軽い運動(ウオーキングなど)を1日30分行います。

○~熱中症の症状と対応~
軽度:めまい、立ちくらみ⇒涼しいところで安静にして水分や塩分を補給
※改善が見られない場合は早めに医療機関を受診しましょう。
中度:頭痛、吐き気⇒医療機関を受診
重度:意識がない、けいれん⇒救急車を呼ぶ

マスクを着用していると、のどの渇きを感じにくくなります。こまめに水分補給を。

健康増進課
【電話】23-6639【FAX】23-5071

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU