文字サイズ
自治体の皆さまへ

令和3年度予算「暮らしと健康を守り、持続可能なまちづくりを推進する予算」

7/42

愛知県岡崎市

令和3年度は、新型コロナウイルスの影響により先行きが不透明であることから、事業の選択と集中を実施するとともに、新型コロナウイルス感染症対策のほか、医療・福祉・子育て、社会資本の強靭化の推進、防犯・防災、コミュニティ、環境、教育など市民生活を支える基本施策の確実な実施を図ります。

○予算総額

○特別会計

○一般会計

○企業会計

(1万円未満は四捨五入)

■令和3年度の主な重点事項

○01 暮らしを支える都市づくり
・スマートインターチェンジの整備 (8億6,104万円)
(仮称)岡崎阿知和スマートインターチェンジの整備及び岡崎サービスエリアへの整備効果の調査
・東岡崎駅周辺地区の整備 (1億998万円)
西改札口の橋上化、南北自由通路、駅ビル、バスターミナルなどの一体整備(第2期整備)に向けた調査・設計など
・南公園の整備 (2,446万円)
市民アンケートや対話集会などにより市民ニーズを集約

○02 暮らしを守る強靭(きょうじん)な都市づくり
・防災ベッド設置費の補助 (60万円)〔新規〕
大地震により倒壊の恐れが高い木造住宅に居住する高齢者・障がい者に対し、防災ベッドの設置費用の一部を補助
・六名雨水ポンプ場の整備 (7億3,319万円)

○03 持続可能な循環型の都市づくり
・SDGs推進のための人材育成 (479万円)〔新規〕
森林をフィールドとしたワークショップなどを実施
・地域おこし協力隊の導入 (338万円)〔新規〕
隊員が額田地域に生活拠点を移し、地域おこし支援や地域協力活動を行う

○04 多様な主体が協働・活躍できる社会づくり
・街頭防犯カメラの設置 (714万円)〔拡充〕
小中学校周辺などを中心に350台設置
・自転車乗車用ヘルメット購入費の補助 (340万円)〔新規〕
7~18歳及び65歳以上の市民に対し、自転車乗車用ヘルメットの購入費用の一部を補助

○05 スマートでスリムな行政運営の確立
・自治体行政スマートプロジェクトの推進 (3,000万円)〔新規〕
AI、RPAの活用などにより業務を効率化

○06 健康で生きがいをもって活躍できる社会づくり
・福祉総合相談体制の整備 (11億3,904万円)〔新規〕
高齢、障がい、こども、生活困窮など分野や制度の垣根を超えて一体的に支援
・新型コロナウイルス感染症予防接種の実施 (12億7,803万円)
16歳以上の全市民を対象に、予防接種を実施
・医療用ウイッグなど購入費の補助 (120万円)〔新規〕
がん治療に伴う脱毛などの症状により医療用ウイッグなどを必要とするかたに対し、購入費用の一部を補助

○07 女性や子どもがいきいきと輝ける社会づくり
・(仮称)若松西保育園整備費の補助 (2億5,199万円)
令和4年4月開園予定
・豊富保育園の整備 (6億2,734万円)
令和3年10月開園予定

○08 誰もが学び活躍できる社会づくり
・旧本宿村役場の復原 (1億7,254万円)
令和4年4月開館予定
・校内フリースクールの設置 (1,455万円)〔拡充〕
中学校5校に新設し8校へ拡充
・30人学級実施検討会議の開催 (147万円)
「個別最適化された学び」の実現に向けた検討会議を実施
・若者相談窓口の設置 (758万円)〔新規〕
ひきこもり、ニートなどの若者(15歳から概ね39歳まで)を支援。令和3年7月相談開始予定

○09 商業と観光が成長産業となる地域経済づくり
・観光イベントの実施 (2億1,255万円)
感染防止対策を講じて四季折々のイベントを実施

○10 ものづくりが柱でありつづける地域経済づくり
・中小企業・勤労者支援センターの運営 (3,143万円)〔新規〕
令和3年4月にリニューアルオープン
AIやIoT、ドローンの講習などを実施

財政課
【電話】23-6044【FAX】65-2351

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU