文字サイズ
自治体の皆さまへ

それいけ協力隊とウサヒ

14/22

山形県朝日町

町地域おこし協力隊と桃色ウサヒの「中の人」こと、佐藤恒平情報交流総合アドバイザーによる連載コーナー。
日々の活動や朝日町での暮らしを語ります。

■「台湾での町りんごの人気を再確認」
インバウンド推進員(地域おこし協力隊) 林以真(りんいしん)(台湾出身)

皆さんこんにちは!インバウンド推進員の林以真です。実は昨年末から年明けにかけて、約2年ぶりに台湾へ一時帰国する機会がありました。久しぶりに帰った実家では、母が台湾の家庭料理を作ってくれて懐かしくいただきました。
そして、これまでオンラインで交流してきたブロガーたちと初めて会うことができました。ちょうど、台湾では朝日町のふじりんご販売キャンペーン中で、一緒に販売会場に行って、SNSを通じてPR。
その夜、会場で買ったりんごを使い、ブロガーたちにりんごの選び方や蜜入りの確認方法を教え、一緒に体験しました。強いライトの光に照らされたりんごが半透明にうつし出された時、何度も日本に行っているベテランブロガーたちも思わず感動の声を上げていました。
朝日町のりんごは台湾でも最高級品で美味しいと好評ですが、輸出量はあまり多くありません。問い合わせがあっても「台北の百貨店でしか売っていません」「もう売り切れてしまいました」という返事しかできず、ファンの問い合わせ対応にブロガーたちを悩ませるとのこと。
そこで、朝日町観光の際、りんごの農作業のお手伝いができればいいという話になり、「例えばりんごの花摘み体験はどうですか?」と提案したら、とても盛り上がりました。たくさん咲いてるりんごの花は台湾人にとってすごく珍しい景色です。綺麗な花を見て触れて、農家の方たちから作業指導をいただければ、風景だけでなく、人生のとても良い経験になると思います。
これからこの企画の実現に向けて進んでまいりますので、その時はぜひご協力いただき、台湾人旅行者の先生役をお願いできれば嬉しいです。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU