文字サイズ
自治体の皆さまへ

危機管理対策室からのお知らせ

13/22

山形県朝日町

■朝日町防災行政無線 戸別受信機の無償貸出希望調査を行います
町では災害等の情報をいち早く住民へ伝達するため、防災行政無線を運用しており、特に土砂災害特別警戒区域の高齢者等避難リスクの高い方には室内に設置する戸別受信機(※)を貸与しています。
戸別受信機設置を希望する全ての世帯に貸与することを令和5年度に予定しています。今年度、貸与希望調査を行いますので、希望する方は9月30日まで危機管理環境係へお電話にて申込みください。

※戸別受信機とは
室内に設置し、行政からの防災情報等を音声で聞くための設備です。緊急時以外にも、通常放送や試験放送のために毎日音声が流れます。耳の不自由な方には、文字放送の戸別受信機を貸し出しすることができます。
受信感度の悪い地域では専用の屋外アンテナの取り付けが必要です。アンテナを取り付ける際、壁や窓枠に穴を開けることがありますのでご了承ください(工事費はかかりません)。

■登録していますか? 防災情報メール
町では、災害時における情報伝達手段の多様化を図るため、事前に登録したメールアドレスに、防災情報を配信する登録制メールを運用しています。
火災や地震等の非常時には、防災に関する情報を配信します。町外に出ている時でも町の災害に関する情報が得られるので、登録がまだの方はぜひご登録ください。
迷惑メールの設定をしている方は、「@sg-p.jp」ドメインあるいは、「【E-mail】yamagata-asahi@sg-p.jp」のアドレスからのメールの受信を許可する設定を行ってください。

左の二次元バーコードをカメラで読み込み、案内に従って登録ください
※二次元コードは本紙16ページをご覧ください。

■地震被害を受けた相馬市へ町職員が復旧支援
このたび、最大震度6強を記録した地震で被害を受けた福島県相馬市に、町建設水道課の古城慶太技師が復旧支援として派遣されました。相馬市では被害調査申請が約6000件にも上っており、このたびの派遣は福島県からの応援要請を受けてのものです。同職員は県及び他市町村職員とともに4月18日から20日にかけて、被災家屋の調査に従事。支援を終えた古城技師は「相馬市は瓦屋根の住宅が多く、瓦の欠落や重みによる傾きが目立ったほか、住宅基礎のひび割れが多くありました。このたびの復旧支援で学んだことを今後の業務にも生かせるようにしていきたいです」と話していました。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU