文字サイズ
自治体の皆さまへ

安全な暮らしと農作物を守る「鳥獣被害対策実施隊」に23人を委嘱

18/22

山形県朝日町

4月15日、「朝日町鳥獣被害対策実施隊」の委嘱状交付式が行われました。委嘱を受けたのは、県猟友会西村山支部朝日分会(小松正明分会長)の会員23人。
近年は全国的に有害鳥獣が生活圏内で目撃されるケースが増えており、町でもこれら鳥獣による農作物被害が多発しています。令和2年の捕獲状況はクマ44頭、イノシシ88頭、令和3年はクマ4頭、イノシシ101頭となっています。交付式では鈴木町長が「鳥獣被害は町の大きな課題であり、町民の皆さんからも大きな関心が寄せられてます。実施隊の皆さんの更なるご活躍をご祈念しています」とあいさつ。
同隊員は町の非常勤特別職として任命。有害鳥獣の追い払い、捕獲や畑、園地等の巡回などを行い、町民の安全な暮らしと、町の基幹産業である農業を守ります。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU