文字サイズ
自治体の皆さまへ

まちレポ Town Topics

14/27

山形県朝日町

■5/18 小学5・6年生が自己ベストに挑み奮闘
町小学校陸上競技記録会
西五百川小グラウンドを会場に、町内3小学校の5・6年生79人が出場。必須種目の100メートル走のほか、70メートルハードル走、走り幅跳び、走り高跳び、持久走(男子…1000m、女子…800m)の3種目の中から各自1種目にエントリーし、自己ベストを目指して奮闘しました。
当日は晴天に恵まれ、絶好のコンディション。自己ベストに挑み、全力を尽くした子どもたちは晴れやかな顔でグラウンドを後にしました。

■6/3 真剣勝負!白熱した取組
西五百川小すもう大会
町で唯一すもう大会を開催している西五百川小学校。60年以上続く伝統のすもう大会が6月3日、同校庭に備え付けの土俵で行われ、児童たちによる力と技がぶつかり合う熱い取組が繰り広げられました。
地域の皆さんと先生方の指導のもと、毎日のように練習を繰り返してきた子どもたち。今年は同校初の女子の横綱が誕生しました。本番の取組は1・2・3年生の下学年、4・5・6年生の上学年ごとに「一本勝負」と「3人勝ち抜き戦」が行われました。全児童が東方西方に分かれ、勝ち星の数で勝負。当日はあいにくの雨でしたが、児童たちの相手に負けまいとする気迫が伝わってくるほどでした。
両陣営一進一退の譲らぬ取組の末、今年の熱戦を制したのは西方。一時凄い勢いで降った雨も大会が終わる頃には児童たちの天晴な取組で雨雲が吹き飛ばされたかのように晴れ間がのぞいていました。児童たちは互いの健闘をたたえ、喜びの声をあげていました。

■5/8 地元の自然と魅力を子どもたちへ伝える
ドキドキ探検隊「春のハイキング」
地域の次世代を担う子どもたちに、たくましく豊かな心と、地域への愛着心を持ってもらうことを目的に、地域の方が達人となって自然体験活動を行う「ドキドキ探検隊(鈴木直幸代表)」。5月8日、その隊員募集のための体験活動、「松保の大杉にハイキング!」が行われました。この日は、5人の子どもたちが大暮山から松保の大杉(大江町)までハイキング。参加した子どもたちは「みんなで遊んだり、お弁当を食べたり楽しかった!」と元気いっぱいに話していました。

■5/16 長縄跳びでその団結力を競う
町スポーツ少年団結団式
5月16日、町スポーツ少年団結団式・交歓交流会が町民体育館にて行われました。
3年ぶりに実施された結団式には6団体65人が参加。団員を代表し吉田詩音さん(宮宿男子ミニバスケ/栄町)が1年の活躍に向けて力強く宣誓しました。交流会で行われた長縄跳びでは全9チームが3分間で何回跳べるかを競う「時間跳び」と引っかからずに何回跳べるかを競う「連続跳び」の2部門で熱戦を披露。団員らは息を合わせて縄を跳び、チームの絆を深めました。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU