文字サイズ
自治体の皆さまへ

令和4年新年のご挨拶(2)

3/45

山口県阿武町

■阿武町議会議長 末若憲二(すえわかけんじ)
新年、あけましておめでとうございます。令和4年の年頭にあたり、阿武町議会を代表いたしまして、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。町民のみなさまには、輝かしい新年を健やかに迎えられましたことと、心からお慶び申し上げます。
みなさまには、平素より阿武町議会に対しまして、温かいご指導とご鞭撻を賜り、厚くお礼申し上げます。
ご案内のとおり、阿武町議会は、昨年11月の改選の際には、3人の現職議員がご勇退され、現職5人、新人5人の計10人が立候補し選挙戦を繰り広げた結果、現職4人、新人4人が当選し、新たなスタートを切ったところです。新たに2人の女性議員も加わり、また、議員の平均年齢も56歳と大きく若返ったことから、これまで先輩議員の方々が築いてこられた良き伝統を引き継ぐとともに、改めるべきところは改め、若い議員からも自由な発想で積極的に意見できる環境を整え、議員全員、議会として果たすべき役割と責任を再認識し、これまで以上に活発な議会活動をめざして参ります。また、私も引き続き議長の大役をお受けすることになり、改めて責任の重さを痛感しております。
さて、新型コロナウイルス感染症につきましては、新たな変異株であるオミクロン株の世界的流行により、国内でも急速に拡大し、県内でも一部地域で「まん延防止重点措置」が発令されるなど、日々、新規感染者数が増加している状況ですが、本町におきましても、危機意識を今後もしっかりと持ち続け、町民一丸となって新型コロナに対処していきたいと思います。
また、経済活動においても、なかなか以前の状況には戻りませんが、本年3月12日には、「ABUキャンプフィールド」もグランドオープンを迎えることとなっており、人、物、お金の地域内循環が活発化し、町内の経済が上向きになるとともに、町民のみなさんも体験プログラムなどを通して元気に活躍されることを切に願っております。
阿武町も人口減少、少子高齢化など問題は山積しており、また、毎年、予期せぬ自然災害などによる農林水産物の被害が発生している状況ではありますが、町民のみなさまお一人お一人が「この町に住んでよかった」と思っていただけるよう、執行部ともども議会も鋭意努力して参ります。
これからも、執行権をもつ執行部と議決権をもつ議会とが、お互いに尊重し合い、適度な緊張感を保ちつつ、公正で円滑な議会運営に努め、議会改革にも取り組みながら、町民のみなさまの負託に応えるよう、努めて参る所存です。
どうか、本年も阿武町議会に対し、一層のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げますととともに、みなさまにとって今年一年が健康で幸多き年となりますよう心から祈念申し上げ、新年のご挨拶といたします。

町長・議長・教育長の「新年のご挨拶」は1月1日朝、阿武町ウェブサイトに「動画」でも公開しました。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU