文字サイズ
自治体の皆さまへ

令和3年度 市長施政方針(3)

4/47

島根県出雲市

◆4 住みやすさNo.1プロジェクト
(1)安全・安心
◇安全・安心のまちづくり
・防災行政無線戸別受信機・いずも防災メールの加入促進
・出雲市防災ハザードマップの更新・配布
・要支援者の個別避難計画の策定
・原子力防災対策について、中国電力に立地自治体と同様な安全協定の締結を引き続き要請
・消防緊急通信指令施設の全面更新
・消防団の活性化に向けた支援
・斐伊川本川堤防や宍道湖西岸堤防の整備等の国への要請
・県管理河川の改修推進に向けた県への要請
・街路や、幹線市道整備10か年計画に基づく道路の整備

◇子育て支援と健康、福祉の増進
・子ども医療費助成による子育て家庭の経済的負担の軽減
・待機児童ゼロをめざし、保育所の定員増に向けた取組を支援
・幼稚園の一時預かり事業について、計画的に長時間預かりへ移行
・児童クラブの受入体制拡充に向け、市設置クラブの整備と社会福祉法人等による運営を支援
・産婦健康診査の助成を拡充し、妊娠期から子育て期の支援を強化
・健康診査等の受診率向上や生活習慣病の発症・重症化予防対策の取組
・障がい者の生活を地域全体で支えていくサービス提供体制「ささえ愛サポート」の運用開始
・生活困窮者の自立支援と健康・生活向上支援
・介護予防や認知症ケアの取組など地域包括ケアの体制づくりの推進
・介護人材の確保と定着支援
・複雑化した課題を抱える世帯に対する総合相談体制の構築

◇総合医療センター
・急性期から回復期、慢性期にわたる医療の提供
・在宅医療の推進、早期の在宅復帰の支援
・新公立病院改革プランの方針に沿った経営の効率化

(2)人材育成
◇教育行政・学校教育
・次世代教育の指針となる「第2期出雲市教育大綱」及び「第4期出雲市教育振興計画」の策定
・「いずもGIGAスクールプラン」に基づくICTを効果的に活用した授業の推進
・日本語初期集中指導教室と日本語指導拠点小中学校との連携による日本語の確実な習得と学力向上を図る取組
・不登校・いじめ等への対策としての児童生徒の人間関係づくりや自尊感情の育成を目的とした取組
・特別支援教育における一人ひとりの状況に応じた個別指導の実施
・国富、西田、鰐淵及び北浜小学校の統合に向けた新設校の整備推進
・第二中学校北校舎の移転改築と第一中学校南校舎の実施設計に着手
・今市小学校北校舎及び大津小学校屋内運動場の改築に着手
・学校給食費の令和4年度公会計化に向けた準備の実施
・高等教育機関との連携事業の実施と学生の地域貢献活動への支援

◇社会教育
・社会教育計画の見直しに着手
・さまざまな生涯学習機会の提供
・出雲科学館における特色ある小中学校理科学習の実施と科学アカデミー事業による人材育成

◇市民協働・男女共同参画
・地域の課題解決に取り組む市民活動への支援
・ワーク・ライフ・バランスや女性活躍推進の啓発
・新たな「男女共同参画のまちづくり行動計画」及び「DV対策基本計画」の策定

◇子ども・若者の育成・支援、人権・同和教育
・青少年育成市民会議や子ども・若者支援センターとの連携により子ども・若者の自立、活躍を支援
・同和問題をはじめとする人権問題の解決に向けた教育、啓発活動の実施

◇芸術文化・スポーツ振興
・出雲芸術アカデミー、出雲総合芸術文化祭の開催
・体育協会の活動やスポーツイベント開催への支援
・「ディオッサ出雲FC」への支援を通した出雲の魅力発信
・新たな「芸術文化振興指針」及び「スポーツ推進計画」の策定
・令和6年春の開館に向けた新体育館の整備推進

(3)環境
◇環境のまちづくり
・西日本で唯一、トキが見られるまち出雲の情報発信
・トキの野生復帰に向けた環境整備の取組内容の検討
・次期可燃ごみ処理施設の本稼働に向けた移行準備の実施
・不燃ごみ処理施設の適正配置や整備に向けた検討

◇上水道・下水道
・上水道の新規水源の開発
・出雲・平田地域の水運用に係る連絡施設の整備
・公共下水道の整備と長寿命化・計画的な改築の実施

■4.結び
私の任期は、コロナ禍からのスタートとなりました。この状況は、社会経済活動を停滞させ、私たちの生活に大きな影響を与えています。一方で、あらゆることを見直す絶好の機会と捉えることもできます。
本市にとって、今、優先すべき課題は何か、将来を見据えて何をなすべきか、あらためて問い直す機会とし、市議会はもとより、市民、関係団体の皆さまとしっかりと対話しながら、新たな総合振興計画を策定してまいります。そして、本市のあるべき将来像とそこに至る道筋を明らかにし、将来像の実現に向け力を尽くして参る所存であります。
また、本年度、中期財政計画のローリングを行い、持続的・安定的な財政運営を図ることで、総合振興計画の実行性を担保してまいります。
さて、現在の本市は、先人たちが幾多の困難を乗り越え、積み重ねてきた礎の上にあります。私は、市民の皆さまと一丸となって、コロナ禍を乗り越えることで、更なる飛躍に向け、新たな礎を築き上げられると確信しております。
今しばらくは、先行きが不透明な状況が続くと見込まれますが、雲外蒼天を信じて、市政を着実に『前へ』進め、元気な出雲、活力のある出雲、そして笑顔の絶えない出雲をめざして邁進していくことをお誓い申しあげ、本年度の施政方針といたします。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU