文字サイズ
自治体の皆さまへ

出雲総合芸術文化祭(1)

25/47

島根県出雲市

観て触れて 感じる楽しさ ~未来へ繋ごう!今輝いて~
バラエティに富んだ、数々の舞台芸術や伝統芸能などの優れた芸術文化に触れる機会を、年間を通じて提供します。
(公財)出雲市芸術文化振興財団のホームページ(http://izumo-zaidan.jp)も、あわせてご覧ください。

■《出雲市民会館》出雲市民会館開館40周年記念 出雲の春音楽祭2022
日時:3月21日(月・祝)14:00開演(開場13:15)
入場料(全自由席):一般2,000円(当日2,500円)、ユース1,000円(当日1,500円)、ペア3,000円(前売のみ)
※就学前のお子様の入場はできません。託児サービスはありません。
プレイガイド:出雲市民会館 ほか
プログラム:出雲から世界へ~湖から蘇る新たな交響神話~
・長沢勝俊作曲…箏のしらべ
・平野一郎作曲…交響神樂間奏曲[湖](ミヅウミ)※世界初演
・大岡信作詩 鈴木輝昭作曲…頌歌「天地のるつぼ」-出雲讃歌- ほか
音楽監督・指揮:中井章徳
指揮:畑山洋平
出演:
・吉川真澄(ソプラノ)
・出雲フィルハーモニー・フェスティバル邦楽合奏団
・出雲フィルハーモニー・フェスティバル交響楽団
・出雲フィルハーモニー・フェスティバル合唱団

問合せ:(公財)出雲市芸術文化振興財団
【電話】21-7580
(土・日・祝・月末月曜日を除く9:00~17:00)

■《平田本陣記念館》はしもとみお展 いきものたちの言葉
はしもとみお氏(1980年兵庫県生まれ、動物肖像彫刻家)は、15歳のとき阪神淡路大震災にあい、将来の夢をそれまでの獣医から「動物の命」をテーマにする芸術家に変更し、一本の丸太から新たないのちを彫り出す動物肖像彫刻家として活躍するようになります。氏の作品は、中学生美術教科書(開隆堂出版)に掲載されたり、毎日放送「情熱大陸」でとりあげられたりと、今、日本美術の新たな動きとして注目されています。
心を込め、命を宿した動物たちの木彫そのものを展示するとともに、はしもと氏が木を彫りカタチを残す仕事をビジュアルでご紹介いたします。
日時:3月4日(金)~6月26日(日)
入場料:一般800円(20名以上の団体100円引き)、高校生以下無料
一般の方で身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳、戦傷病者手帳をお持ちの方及びその介護者1名は400円

開館時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:火曜日

申込み・問合せ:平田本陣記念館
【電話】62-5090

■《今岡美術館》出雲の里山・在家の贅(むだごと)美の棲むところ
古くから日常生活の中で、室内空間を飾っている道具や使われている調度品を展示し、そこに潜んでいる美を感じてください。
日時:2月5日(土)~5月7日(土)
観覧料:一般・大学生600円、シニア・団体500円、高校生以下無料

開館時間:10:00~17:00(最終入館は16:30)
休館日:月曜日(祝日の場合は開館)

問合せ:今岡美術館
【電話】25-2239

■《多伎文化伝習館》多伎こども園作品展
日時:2月11日(金・祝)~13日(日)9:00~16:00
入場料:無料

申込み・問合せ:多伎文化伝習館
【電話】86-2611

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU