文字サイズ
自治体の皆さまへ

「元気な地方都市のトップランナー」をめざして(1)

4/71

島根県出雲市

《令和4年度(2022)当初予算の概要》
一般会計:802億5,000万円
特別会計:421億7,500万円
企業会計:238億5,977万円
総額:1,462億8,477万円

■令和4年度(2022)一般会計当初予算…802億5,000万円
◇歳入

《用語解説》※主なもの
・市税…市民の皆さんに納めていただく税金
・諸収入…他の収入科目に含まれない収入をまとめたもの(市税の延滞金、貸付金の返還金など)
・繰入金…特別会計や基金など、他の会計から受け入れるお金
・使用料及び手数料…公共施設の使用料や特定のサービスに対して徴収するお金(市営住宅使用料など)
・分担金及び負担金…市の事業により特定の利益を受ける人から徴収するお金(保育所の保育料など)
・地方交付税…一定水準のサービスの提供に不足する財源をカバーするため、国から交付されるお金。使い方は限定されません。
・国庫支出金…国から交付されるお金。使い方は限定されます。(補助金・委託金など)
・市債…道路や学校の建設などの事業を行う際の借入金
・地方譲与税…国税として徴収され、市に譲与されるお金(自動車重量譲与税など)

◇歳出(目的別)

《用語解説》※主なもの
・民生費…高齢者福祉、障がい者福祉、児童福祉、生活保護などに要する経費
・教育費…学校教育・社会教育の充実、文化スポーツ振興などに要する経費
・公債費…市債の返済、一時借入金の利子の支払いに要する経費
・土木費…道路や河川の整備、市営住宅などの管理に要する経費
・総務費…防災や庁舎管理、税金の徴収などに要する経費
・衛生費…予防接種や健診、ごみ処理などに要する経費

◇歳出(性質別)

《用語解説》※主なもの
・人件費…市の職員の給与や退職金などの経費
・扶助費…生活保護や高齢者・乳幼児の医療費などの経費
・普通建設事業費…道路・橋・学校などの整備に要する経費
・物件費…光熱水費、消耗品費、旅費、備品購入費などの経費
・補助費等…各種団体に対する補助金・負担金などの経費
・繰出金…一般会計から特別会計などに支出される経費

■令和4年度当初予算概要
3月定例市議会で、令和4年度の予算が決まり、一般会計は、802億5,000万円、特別会計総額は、421億7,500万円、企業会計総額は、238億5,977万円となりました。
一般会計は、学校給食費の公会計化、令和3年度に発生した災害の復旧費及び災害に備えた学校施設の耐震化整備など普通建設事業費の増加等により、前年度に比べ3・3%の増となっています。なお、市税等の伸びはあるものの、これらの歳出需要に対応するために、財政調整基金や減債基金を9億円繰り入れて予算編成を行いました。特別会計は、給付費などの伸びに伴い、国民健康保険事業が5億5,300万円、後期高齢者医療事業が1億6,700万円、介護保険事業が4億6,400万円の増となり、一般会計及び特別会計に企業会計を加えた額は、前年度に比べ、2・7%増の1,462億8,477万円となりました。
令和4年度の予算編成は、『元気な地方都市のトップランナー』をめざして、感染症拡大防止と社会経済の両立を図るとともに、人口減少対策・脱炭素社会の実現・デジタルファーストの推進等の将来につながる施策について重点的に予算配分を行い、時代のニーズを的確に捉えた効率的・効果的な施策が推進できるよう配慮し編成を行いました。
詳しくは、市のホームページをご覧ください。

◇予算総括表

(△はマイナス)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU