文字サイズ
自治体の皆さまへ

介護保険通信

20/71

島根県出雲市

~65歳以上の人へ~令和4年度介護保険料(仮徴収額)をお知らせします
4月中旬に今年度の仮徴収額の通知書を郵送しましたので、内容をご確認ください。

■仮徴収額の算定方法
仮徴収とは、今年度の住民税課税状況等がまだ確定していないため、前年度(令和3年度)の住民税課税状況等をもとに仮で保険料段階を算定し、その年額のおおよそ2分の1を、4・6・8月の3回で納めていただくものです。
その後、本徴収として、今年度(令和4年度)の住民税課税状況等をもとに確定した年額から仮徴収額を引いた残りの額を、3回に分けて納めていただきます。本徴収額は7月中旬ごろにお知らせする予定です。

■特別徴収(年金天引)の場合の例
第4段階(年額67,600円)と算定された場合

※1期分は前年度6期分と同額
※2・3期分は仮徴収額から1期分を引いた残りを2分の1ずつ
※上の例で、普通徴収(納付書納付・口座振替)の場合、1・2・3期分は仮徴収額の3分の1ずつ(33,800円×3分の1≒11,200円ずつ)となります。

■介護保険料年額表(令和4年度)

※「合計所得金額」に給与所得または公的年金等に係る雑所得が含まれている場合は、給与所得及び公的年金等に係る雑所得の合計額から10万円(上限)を控除した金額を用います。
※「その他の合計所得金額」とは、「合計所得金額」から公的年金等に係る雑所得を差し引いた金額のことです。
※年間保険料を計算した結果、年額に100円未満の端数があるときは、これを切り捨てます。

問合せ:高齢者福祉課
【電話】21-6212

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU