文字サイズ
自治体の皆さまへ

子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)の接種について

12/71

島根県出雲市

定期の予防接種として、子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)の予防接種を実施します。
子宮頸がん予防ワクチンは、子宮頸がんの原因とされているヒトパピローマウイルス(HPV)の感染を防ぐためのワクチンです。接種を希望される方は、ワクチンの有効性やリスク等を十分にご理解いただいたうえで医療機関へご連絡ください。
なお、子宮頸がん予防ワクチンの積極的な勧奨の差し控えにより、接種機会を逃してしまった方も公費(無料)での接種が可能となります。概要は下表の「キャッチアップ接種」欄をご確認ください。

■これまでの経緯
子宮頸がん予防ワクチンは、平成25年4月から定期の予防接種となりましたが、ワクチンとの因果関係を否定できない副反応が報告されたことに伴い、同年6月以降、積極的な勧奨が差し控えられていました。
その後、国において、ワクチンの安全性について特段の懸念が認められないことが確認され、接種による有効性が副反応のリスクを明らかに上回ると認められたため、令和3年11月に積極的な勧奨の再開が決定されました。


※1…小学6年生には、標準的な接種時期にあたる中学1年生時(令和5年度)に通知します。
※2…進学等により市外に滞在している場合は、滞在先での接種も可能です。詳しくは出雲市ホームページをご覧ください。《事前に手続きが必要です》

子宮頸がんの詳細やワクチンの効果・リスクについては、厚生労働省が作成したリーフレットをご覧ください。
(本紙12ページの二次元コードから確認ができます。)

問合せ:健康増進課
【電話】21-6829

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU