文字サイズ
自治体の皆さまへ

まちのわだい

52/55

島根県出雲市

■図柄入り「出雲」ナンバーの申込が5,000台を突破しました!
図柄入りご当地ナンバープレート「出雲」ナンバーの申込数が、3月に5,000台を突破しました。
このナンバープレートは、出雲市・奥出雲町・飯南町の1市2町で導入し、令和2年5月から交付を開始しています。新車・中古車の購入時はもちろん、申込みをすれば、現在お乗りの自動車をいつでも図柄入り「出雲」ナンバーへ変更できます。まだ取り付けていない方は、この機会にぜひご検討ください。
伝説のヤマタノオロチのように、「出雲」の名を全国にとどろかせましょう!
WEB申込『図柄ナンバー申込サービス』で検索

■「災害ボランティア学びブック」が贈呈されました。
4月12日、出雲市総合ボランティアセンター運営委員会から、飯塚市長へ「災害ボランティア学びブック」が贈呈されました。
出雲市総合ボランティアセンターでは、災害ボランティアに関するさまざまな取組を行っており、昨年7月の大雨災害の際には、出雲市災害ボランティアセンターを設置しました。その際には、市内の高校生やボランティア団体など多くの方々が復旧活動に参加されました。その時の経験をもとに、復旧作業の手順を冊子にまとめられ、この度、完成品の一部が贈呈されました。
災害は、あってはならないものですが、万が一発生したときの備えとして、この学びブックを活用していきます。

■出雲陸上が開催されました。
4月23日・24日、県立浜山公園陸上競技場で「日本グランプリシリーズ出雲大会 吉岡隆徳記念第76回出雲陸上競技大会」が開催されました。
この大会は、出雲が生んだ偉大なオリンピアン、日本で唯一の元100m世界記録保持者で「暁の超特急」と呼ばれた吉岡隆徳氏の名を冠して開催され、国内では珍しい300m走などが「YOSHIOKAスプリント」として実施されています。
今回も国内トップレベルの選手が集結し、地元の小学生など参加した選手にとって、一流のスプリンターの走りを目の当たりにする絶好の機会となりました。

■鯉のぼりの掲揚式が行われました。
4月28日、今市幼稚園の園児と保護者の皆さん手づくりの鯉のぼりが、今年も市役所本庁の掲揚塔に掲揚されました。
掲揚式では、次世代を担う子どもたちの健やかな成長を願い、園児の合唱にあわせて、飯塚市長、杉谷教育長らが園児とともに掲揚しました。
うろこに園児たちの絵や手形をまとった、赤・青・黄色の3色の鯉のぼりは、5月末まで悠々と大空を泳ぐ予定です。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU