文字サイズ
自治体の皆さまへ

高齢・障がい福祉課からのお知らせ

7/27

三重県伊勢市 クリエイティブ・コモンズ

■障害者相談員を紹介します
障がいがある人の生活を支援するため、障害者相談員が、市などの関係機関と連携し、障がいがある人やその家族からの相談に応じています。
〔障害者相談員の詳細は本紙またはPDF版6ページに掲載されています〕
※障害者相談員のほか、3つの地域相談支援センター(カンナ・リンク・アルク)で、障がいの種別や年齢にかかわらず、相談や支援を行っています。
※地域相談支援センターについて詳しくは、市のホームページまたは「広報いせ」4月1日号・31ページをご覧ください。

■LINE(ライン)チャットボットで「障がい福祉の案内」を開始しました
伊勢市LINE公式アカウントのメニューから「障がい福祉の案内」が利用可能になりました。
お持ちのスマートフォンで障がい福祉の制度内容や手続きに必要な書類、相談窓口などの情報を確認できます。
▼伊勢市LINE公式アカウント
障がい福祉の案内LINEチャットボット
友だち登録は二次元コード
または
LINE公式アカウント「伊勢市」で検索
〔二次元コードは本紙またはPDF版6ページに掲載されています〕

■手話ふれあい広場を開催します
市では、手話の理解や普及に努めています。
皆さんの集会・サークル・会合などにお伺いしますので、手話に触れてみませんか?
気軽に問い合わせてください。
日時:月~金曜日(祝日・振替休日を除く)・9:00~16:00で、希望する日時※所要時間などは、相談に応じます。
場所:市内
対象:市内在住または通勤・通学している人たちのグループ
内容:「聞こえない」ということについて
「聞こえない人とのコミュニケーション方法」について理解を広げ、言語でありコミュニケーション手段である「手話」に触れ合う
申し込み:希望日の20日前までに、希望日時・場所・人数・代表者氏名・連絡先を、同課へ

■令和3年度伊勢市障がい者体育祭の中止について
令和3年度の「伊勢市障がい者体育祭」は、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、中止となりました。

■障害者就労施設等からの物品等の調達方針
「国等による障害者就労施設等からの物品等の調達の推進等に関する法律」に基づき、令和3年度の伊勢市の調達方針を定めました。
この方針は、市として障害者就労施設などからの物品などの調達の推進を図るため、調達する物品・役務の目標額を定めたものです。市では、この方針に従って物品を調達します。
※調達方針の全文など詳しくは、市のホームページに掲載しています。
▼調達する物品・役務と目標額

※目標額は1万円未満を切り捨てとしています。

問合せ:高齢・障がい福祉課
【電話】21-5558【FAX】20-8555

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU