文字サイズ
自治体の皆さまへ

台風や豪雨等による土砂災害に警戒を!

25/27

三重県伊勢市 クリエイティブ・コモンズ

土砂災害は、台風や前線活動による豪雨などにより毎年のように全国各地で発生しており、今年7月に静岡県熱海市で発生した土石流のように、暮らしに大きな影響を与えています。
土砂災害は、「土石流」「がけ崩れ」「地すべり」の3つの種類があり、これらは降雨などを引き金にして発生します。
土砂災害ハザードマップには、自らの命を守るため、土砂災害の警戒区域や避難所などの情報を掲載しています。
これから10月にかけては、台風や集中豪雨などによる低い土地での浸水・河川の増水・土砂災害が発生しやすい時期です。自ら気象情報や避難情報を入手し、早めの対策を行うよう心がけましょう。

■土砂災害に関する気象情報の発表基準が変更されました
気象庁では、これまでに蓄積された土砂災害のデータに基づいて、土砂災害警戒情報・大雨警報(土砂災害)と災害発生との結びつきがより強くなるよう、発表の基準を見直しました。
今回の変更により、伊勢市でも大雨警報(土砂災害)の発表時期が過去に比べ遅くなり、発表頻度が少なくなることが見込まれます。
今後、大雨警報(土砂災害)が発表された際には、これまでに比べ、災害発生の高まりがより的確に予想されることを意識してください。
土砂災害の危険のある地域に住んでいる皆さんは、「自らの命は自ら守る」意識を持ち、防災気象情報などを取得し、自主的に避難を判断するとともに、避難情報が発令された場合は、速やかに避難行動をとるようにしてください。

・気象庁ホームページ 大雨・洪水警報の危険度分布「キキクル」【URL】https://www.jma.go.jp/bosai/risk
・津地方気象台ホームページ【URL】http://www.jma-net.go.jp/tsu/

■土砂災害ハザードマップ
土砂災害の恐れのある区域についての危険の周知、警戒避難体制の整備、住宅などの新規立地の抑制などの対策を推進するため、「土砂災害警戒区域(通称:イエローゾーン)」と「土砂災害特別警戒区域(通称:レッドソーン)」に分類し、それぞれ推進すべきことを定めています。
土砂災害警戒区域、土砂災害特別警戒区域は、一定の基準に従い、県により指定されます。
伊勢市では、土砂災害の恐れのある地域を対象に「土砂災害ハザードマップ」を作成し、地域に配布するほか、市のホームページでも掲載しています。
土砂災害が発生する前には、前ぶれとなる現象がみられることがあります。
次のような前ぶれ現象を察知した場合は、土砂災害が直後に起こる可能性があります。直ちに周りの人と安全な場所へ避難するとともに、市に通報してください。
〔詳細は本紙またはPDF版裏表紙に掲載されています〕

問い合わせ:
危機管理課【電話】21-5523【FAX】20-3151
監理課【電話】21-5580【FAX】21-5585

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU