文字サイズ
自治体の皆さまへ

消費者相談室から 317

20/52

東京都青梅市

■エシカル消費をご存じですか?
エシカル消費とは、2015年に国連で採択された持続可能な開発目標(SDGs)の17ゴールのうち、特にゴール12に関連する取り組みで、地域の活性化や雇用などを含む、人・社会・地域・環境に配慮した消費行動のことです。
私たち一人一人が、社会的な課題に気付き、日々の買い物を通して、その課題解決のために何ができるかを考えてみることが、エシカル消費の最初の一歩です。
フェアトレード認証商品や障害者支援につながる商品の選択など、人や社会に配慮された商品を見つけて、選んで購入することでより多くの人が持続可能な生活が送れるようになります。
地産地消、被災地で作られたものを購入、伝統工芸品の購入など、「地域の振興」につながる買い物は「地域を応援する」ことにつながります。
エコ商品を選んだり、マイボトルを利用したり、食品ロスを減らしたりすることは、環境への配慮につながります。地球環境の現状や問題を「自分には関係ない遠い話」と見過ごすのではなく、よりよい未来に向かって踏み出しましょう。
一人一人が、思いやりを持った消費行動を心がけて、商品が届くまでの背景や廃棄された後の影響を考え、そこにある課題を知りその解決につながるようなものやサービスを利用することが、みんなで支えあう社会へ、そして次世代へバトンをつないでいく私たちの役割です。

問い合わせ:市民安全課市民相談係

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU