文字サイズ
自治体の皆さまへ

西九州新幹線 2022年秋開業!新幹線「かもめ」がやってきた!

13/40

長崎県大村市

西九州新幹線に導入される新幹線「かもめ」(N700S)の最初の1編成(6両)が大村車両基地に搬入されました。車両は山口県の工場から船で輸送され、1月9日、川棚港に上陸し地元の子どもたちから歓迎を受けました。その後、10日と11日の未明に陸路で大村車両基地に運び込まれました。今後、大村車両基地で車両の点検と調整が行われ、開業に向けた試験走行が開始されることになっています。いよいよ新幹線「かもめ」が大村を走ります!

新幹線「かもめ」はJR九州らしいオンリーワンの車両をコンセプトに、外観にコーポレートカラーである赤が配色され、「かもめ」のシンボルマークやロゴが車体の各所に配置されています。1編成あたり6両で構成され、1~3号車が指定席(163人)、4~6号車が自由席(233人)定員は396人となっています。また、長時間の停電時に自力走行を可能とするバッテリー自走システムを搭載するなど異常時対応力も強化された最新の新幹線です。開業した際には、ぜひその乗り心地を確かめてみてください!

◆西九州新幹線には5つの駅があります!
いよいよ、今年の秋に西九州新幹線が開業します!
西九州新幹線は、長崎駅~武雄温泉駅までの67キロメートルの区間を結ぶフル規格の新幹線で、長崎駅、諫早駅、新大村駅(新設)、嬉野温泉駅(新設)、武雄温泉駅の5つの駅が設けられます。
令和3年9月には、全てのレール敷設工事が完了し、長崎駅~武雄温泉駅間が1本のレールでつながりました。建設中の各駅も完成に近づき、新幹線の開業に向けた準備が着々と進んでいます。
植松3丁目に建設中の新大村駅は、西九州新幹線とJR大村線の両方に乗ることができる駅になります。
宮小路3丁目に建設中の大村車両基地駅(JR大村線新駅)と併せて、新幹線開業時には市内に1つの新幹線駅、2つの在来線駅が新たに誕生し、公共交通の利便性が飛躍的に向上します。

◆移住・定住促進のための講習会を開催します
新幹線開業を契機とした移住・定住促進のための講習会を開催します。
徳島県神山町の人口を町史上初の「社会増」に導いた大南信也氏を招き、移住・定住促進につながる取り組みや、考え方をお話ししていただきます。
とき:令和4年3月4日(金)、19:00~20:30
ところ:市コミセン
講師:大南 信也氏(認定NPO法人グリーンバレー理事長)
演題:地域に移住者を呼び込む神山流まちづくり(仮)
定員:100人(先着順)
申込:市ホームページの申し込みフォーム、市役所・各出張所などで配布する申込用紙に必要事項を記入しファクスまたは郵送
〒856-8686(住所不要)新幹線まちづくり課
【FAX】53・6225

→新幹線まちづくり課(内線601)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU