文字サイズ
自治体の皆さまへ

補助金情報(2)

8/51

広島県尾道市

■建物等の改修・工事費補助
締切:11月30日(水) ※事前着手したものは受付不可。予算がなくなり次第、受付終了。

●木造住宅の耐震診断・改修費、耐震シェルター等設置費補助
対象:次の全てを満たすもの
(1)市内にある木造の一戸建住宅か長屋住宅(木造在来軸組構法か伝統的構法のものに限る。)
(2)昭和56年5月31日以前に着工された住宅
(3)平屋建、2階建
(4)居住(予定)者がいるもの(完了報告までに入居していること)
(5)令和5年1月31日(火)までに完了報告できるもの
※耐震改修とシェルター設置は、耐震診断の結果、耐震性に不足があると判定された住宅が対象。
補助額:
・木造住宅の耐震診断…上限2万円
・木造住宅の耐震改修…上限30万円
・耐震シェルター(ベッド)設置…上限12.5万円

●アスベストの除去等工事費補助
対象:市内の民間建築物に吹き付けられたアスベストの除去、封じ込めや囲い込みに係る工事
補助額:対象工事費の3分の2(上限200万円)

●土砂災害対策改修工事費補助
対象:土砂災害特別警戒区域の指定日以前からその区域内に立地し、土砂災害に対する構造基準を満たしていない建築物で、工事の完了報告が令和5年3月15日(水)までに提出できるもの
※土砂災害の復旧工事には利用できません。
補助額:対象工事費の23%(上限75.9万円)
※土砂災害特別警戒区域については、土木課(【電話】0848-38-9254)へお問合せください。

●ブロック塀等の除却・建替工事費の補助
通学路等に面する倒壊の危険性のあるブロック塀等の除却工事又は建替工事に要する費用の一部を補助します。

対象:次の全てを満たすもの
(1)道路等(*)に面するもので高さが0.6m以上のもの
(2)耐震診断等の結果、安全性の確認ができないもの
(3)建築基準法に明らかに違反していないもの
(4)令和5年1月31日(火)までに完了報告できるもの
(*)道路等…広島県緊急輸送ネットワーク計画により設定される緊急輸送道路や市内の小・中学校通学路
補助額:
・除却工事…対象工事費の3分の2(上限15万円)
・建替工事…対象工事費の3分の2(上限30万円)

●住宅耐震化促進支援
昭和56年5月31日以前に着工された旧耐震基準木造戸建て住宅で耐震診断の結果、耐震性に不足があると判定された木造住宅の改修費用、建替費用や除却費用の助成を行います。

▽住宅耐震化促進支援事業内容

(*)補助対象区域とは、都市計画区域内の用途地域が定められている区域(工業地域、工業専用地域、災害レッドゾーン、浸水ハザードエリア等を除く)、御調町は旧御調小学区(災害レッドゾーン、浸水ハザードエリア等を除く)。
災害レッドゾーン…災害危険区域、地すべり防止区域、急傾斜地崩壊危険区域、土砂災害特別警戒区域
浸水ハザードエリア…尾道市総合防災マップの浸水深さ5.0m以上の区域

令和4年度から、補助内容(2)〜(4)で新たに住宅を取得する場合、【フラット35】地域連携型が利用可能になります。

申込み・問合せ:建築課
【電話】0848-38-9245

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU