文字サイズ
自治体の皆さまへ

まめまめ通信(109)

19/53

広島県尾道市

■コロナ禍が続いている今こそ、見逃さないで!お口の変化!!
「会話の減少で口を動かす事が少なくなった」、「マスク生活で喉の渇きを感じにくく水分摂取が減った」など、生活様式の変化により口腔内が乾燥し細菌が増えやすくなっています。口腔内の乾燥は薬やストレスなどの影響によるものもありますが、口腔機能が低下している?と疑うことも必要です!

▽こんな事はありませんか?チェックしてみましょう。
・硬いものが噛みにくくなった
・むせる・食べこぼす
・口臭がある
・口が渇く
・滑舌が悪い
・舌の上に白苔がある

当てはまる場合は、オーラルフレイル(口腔機能の虚弱)のサインかもしれません。低栄養や筋力低下など全身の機能低下へと進み、要介護状態や介護度の悪化につながる可能性が高まるため、これらのサインを見逃さない事が大切です。また、日頃のセルフケアに加え、お口の体操や定期的な歯科健診、プロフェッショナルケアを受けお口を健康に保ちましょう。

▽いつでもどこでも簡単に行えるお口の体操の紹介
・唇を前と横に、いー・うー・いー・うーとしっかり動かす
・頬をしっかり膨らます、しっかり吸い込むを繰り返す
・舌を前・右・左・上とゆっくり動かす

1口30回を目標によく噛んで食べる、しっかり頬を動かしてうがいを行う、新聞や本を声を出して読むなど普段している事を少し意識して行うと、舌や頬など口腔周囲の筋肉が刺激され、口腔機能のよいトレーニングになります。身近なことからやってみましょう!

問合せ:公立みつぎ総合病院 歯科保健センター
【電話】0848-76-2235

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU