文字サイズ
自治体の皆さまへ

新型コロナウイルス ワクチン接種のお知らせ

5/53

広島県尾道市

(7月29日現在) ※最新情報は市HPをご覧ください。

■医療従事者・高齢者施設の従事者なども4回目接種の対象となりました
従来の対象者に加え、重症化リスクが高い多くの人に対してサービスを提供する医療機関や高齢者施設・障害者施設等の従事者も4回目接種の対象となりました。
市内の医療機関や高齢者施設等に従事する人は事業所ごとにまとめて申請、市外の医療機関や高齢者施設等に従事する人は個人での申請が必要です。
尾道市に住民票があり、市外の医療機関や高齢者施設等に従事する人は、QRコード(本紙参照)、または尾道市コールセンター(【電話】0570-001-297)へ接種券発行の申請をお願いします。

■武田社ワクチン(ノババックス)の接種を希望する人へ
従来のファイザー社製・モデルナ社製のワクチンに加え、武田社ワクチン(ノババックス)が薬事承認されました。
尾道市内でのノババックスの接種情報について、詳しくは、尾道市HPをご確認いただくか、尾道市コールセンター(【電話】0570-001-297)までお問い合わせください。

対象:18歳以上の人(1・2・3回目接種)または12歳以上17歳以下の人(1・2回目接種)
※ただし、以下に該当する人を優先します。
・アストラゼネカ社のワクチンを2回接種済の人
・PEGアレルギー等でmRNAワクチンを接種できない人

■マイナンバーカードを使って接種証明書をコンビニで受け取れます
接種証明書のコンビニ交付サービスが、7月26日から開始されました。スマートフォンを持っていない場合や、休日に急ぎで紙の証明書が必要になった場合などに便利です。マイナンバーカードを持参し、証明書交付に対応した端末のあるコンビニでご利用ください。(市内では、8月17日から一部のコンビニで利用開始となる予定です。)
※海外用の接種証明書は、令和4年7月21日以降に自治体窓口やアプリで接種証明書を取得している場合のみ、コンビニ交付が可能です。

対象事業者:(株)セブン-イレブン・ジャパン-など。詳細は市HPでご確認ください。
・従来どおり、ワクチン接種時に交付された「接種済証」や「接種記録書」も、日本国内での接種事実の証明として使用できます。また、昨年12月から開始した「接種証明書アプリ」でも、マイナンバーカードとスマートフォンを使用し、国内用と海外用の電子証明書を取得できます。

問合せ:健康推進課(専用ダイヤル)
(【電話】0848-23-6760/平日9:00〜12:00、13:00〜17:00)

***************************
お問い合わせ先:
・接種の予約・ワクチンについて一般的なことなど…尾道市新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター【電話】0570-001-297/土・日・祝日を含む8:30〜17:15
・副反応やワクチンについて専門的なことや一般的なことなど…広島県新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター【電話】082-513-2847/土・日・祝日を含む24時間対応

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU