文字サイズ
自治体の皆さまへ

すくすく歯育て

12/32

東京都葛飾区

~フッ化物を利用して、むし歯予防~
むし歯は、いきなり歯に穴が開く病気ではありません。フッ化物を正しく理解して上手に利用することで、むし歯の発生を防ぐことができます。

■「フッ化物」の3効果
(1)歯質を強くする
酸に溶けにくい硬い歯になります。
(2)むし歯菌の働きを弱める
むし歯菌がつくる酸の量を抑えます。
(3)歯を修復する
歯から溶け出したカルシウムやリンの再石灰化を促します。

■「フッ化物」を使ったケアを自宅と歯科医院で続けよう
◇フッ化物入り歯みがき剤を毎日使う
「フッ化物は口に長くとどめる」が効果的!
・すすぎは、少ない水で1回
・寝る前に使用
※歯みがき剤は水で口をすすぎ、吐き出せるようになったら使いましょう。

◇高濃度フッ化物を定期的に塗布する
「歯質が弱い生えたての歯」が効果的!
・奥歯が生えた頃(1歳半)から

区では「2歳児と母のすくすく歯育て歯科健診」でフッ化物を塗布できます。

歯や口に関するご相談は、健康づくり課へお問い合わせください。

担当課:健康づくり課
【電話】03-3602-1268

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU