文字サイズ
自治体の皆さまへ

こんにちは 高齢者支援センター(※)です!

4/31

栃木県鹿沼市

■高齢者に関するさまざまな相談、お受けします!
(※)市民の皆さんに親しまれるよう付けた通称で、正式名称は「地域包括支援センター」といいます。

市では、高齢者が可能な限り住み慣れた地域で、安心して暮らせるために「地域包括ケアシステム」を推進しており、「地域包括支援センター」(通称:高齢者支援センター)を、その中心的な役割を担う機関に位置付けています。
高齢者支援センターでは、高齢者に関するさまざまな相談に対応し、介護予防の取り組み、サービスにつなぐなどの支援を行っています。
今回は、東部地区と北犬飼地区を担当する「高齢者支援センター東」の職員の皆さんに相談や支援に関するお話を聞きました。

Q1.高齢者支援センターでは、どのような相談ができますか?
高齢者に関することなら、何でもご相談ください。
・介護保険(認定・サービス等)に関すること
・住まいや施設入所のこと
・高齢者虐待や成年後見制度のこと
・認知症や医療のこと
・介護予防や健康づくりのこと
・その他高齢者に関する相談

・ほんのささいな事でもセンターへご相談ください。

Q2.どのように相談したらいいのでしょうか?
相談方法は、来所や電話のほか、ご自宅等への訪問も可能です。相談は無料です。
高齢者の様子や体調の変化、ご家族の不安などをご相談ください。専門的な言葉や、難しい言葉を使う必要はありません。例えば…
・「最近、体のおとろえを感じ、このまま生活するのが不安だ」
・「離れて住む親が、認知症ではないかと心配している」
・「近所の○○さんは、とても明るい方だったのに、コロナの外出自粛をきっかけに自宅に閉じこもってしまった」

・相談先が分からないことでもお気軽にご相談ください。

Q3.高齢者の支援は、どのように行っていますか?
3人の専門職(保健師等、社会福祉士、主任ケアマネジャー)が協力しながら、高齢者を支援します。それぞれの専門性を生かし、さまざまな視点からその人に最適な支援を検討します。

・いつまでも元気でいるために、一緒に介護予防に取り組みましょう。
・その人にとって最適で、元気の出る介護予防計画(プラン)を作成します。

◇市内には7カ所の「支援センター」があります。
ご相談の際は、担当のセンターまでお問い合わせください。

問合せ:高齢福祉課地域包括ケア推進係
【電話】63-2175

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU