文字サイズ
自治体の皆さまへ

Life is very WOOD!~木(き)づかいのススメ~

5/31

栃木県鹿沼市

身近なものを少し木(気)にして

■皆さんは、どれくらい木に囲まれて生活していますか?
木材を利用することは、地球温暖化の抑制に貢献します。それは、木が切り出された後に再び植栽され、若い森が育つことで温室効果ガスの吸収量が増加し、さらに利用された木もそのまま温室効果ガスを固定するためです。「伐って、使って、植える」ことの繰り返しにより森は健康な状態を保ち、きれいな水を育んだり、土砂災害や洪水の発生を抑制したりなど、さまざまな恵みを私たちにもたらしてくれます。

■木づかいのススメ~身近な例を紹介!~
国では、平成17年度から、木材を利用することの意義を広め、木材利用を拡大していくための国民運動として、「木(き)づかい運動」を展開しています。
本市におけるさまざまな「木づかい」の取り組みを紹介します。

◆市の取り組み
◯こんにちは赤ちゃんベリーウッドプレゼント事業
新生児の「木育」にぴったりな木のおもちゃをプレゼント
・木のぬくもりに触れることで、自然への愛着や木材の良さを感じながら成長してほしいです。(羽石さんご夫妻)

◯鹿沼産木材による住宅新築等報奨金
鹿沼産材を利用した住宅・事務所・施設等に商品券を支給
・地元の木を利用し、落ち着いて生活を送れる家が建てられました。(吉川さんご家族)

◆市民の取り組み
◯住宅の周りにウッドフェンスを設置
・見た目がオシャレで耐久性も向上したので、今まで使われなかった外構部への活用をオススメします!(高田さんご家族)

◯見て楽しい!住宅に薪ストーブを設置
・機械にはない木のぬくもりを感じられ、無駄なく木材を利用できるし、薪ストーブを通して森や木のことに関心を持つようになりました!(齊藤さんご家族)

■知っていますか?「森林認証材」
「森林認証材」とは、独立した第三者の審査機関が、一定の基準に基づき、「適正な管理がされた森林から産出された木材であり、その加工・流通が適切に管理されていること」を認証されたものです。
SGEC(Sustainable Green Ecosystem Council:緑の循環認証会議)マークの付いた鹿沼産森林認証材を利用することは、鹿沼の森を…そして、私たちの豊かな暮らしを守ることになります。

問合せ:林政課木のまち推進係
【電話】63-2186

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU