文字サイズ
自治体の皆さまへ

「図書室だより」

18/23

山形県金山町

中央公民館内:9:00~16:00

■No196「森の子ども図書コーナー」
交流サロンぽすと内

○『ありとすいか』
( たむらしげる/作絵 ポプラ社)
ある暑い夏の午後、アリたちはスイカを見つけました。巣に運ぼうと仲間と力を合わせて押しますが、びくともしません。そこで、スコップで少しずつ削り取り、巣の中に運ぶことに。巣はスイカで満杯です。残ったスイカはみんなで食べてお腹もいっぱい。最後に皮は…。巣の中にはチョコレート、ビスケット、キャンディー、チーズなどの食品別の部屋があったり、虫眼鏡で日光を集めて料理していたり。キノコの栽培室があったり、アリ一匹一匹が何をしてるのか細かく描かれています。こんな感じで毎日頑張って働いているのかもしれないですね。

■『運転者~未来を変える過去からの使者~』
(喜多川泰/ディスカヴァー・トゥエンティワン)
「なんで俺ばっかりこんな目に遭うんだよ」思わず独り言を言ったその時、目の前に、タクシーが近づいてくるのに気がつく。それは乗客の「運」を「転」ずるという摩訶不思議なタクシーで…?運は使う・貯めるで表現するもの。ある程度貯まったら使うことができる。何もしていないのにいいことが起こったりしないのです。

■『教えて!マジカルドクター病気のこと、お医者さんのこと』
(大塚篤司/油沼/丸善出版)
義務教育に[医療]という科目はありません。子供たちは病気や健康について「考える基礎」がないまま社会に出ることになります。病気ってなに?免疫って?予防接種って何のため?標準治療とは?「医療の土台となる考え方」に触れておけば大人になってから困らないのではないでしょうか。

■8月新刊本 \今月は4冊!/
・はじめての(島本理生)(辻村深月)(宮部みゆき)(森絵都)
・おしゃべりな部屋(川村元気)(近藤麻理恵)
・80歳の壁(和田秀樹)
・マジカルドクター(大塚篤司)(油沼)
※()内作者名

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU