文字サイズ
自治体の皆さまへ

消防だより

11/27

愛媛県上島町

■津波防災の日について
平成23年に発生した東日本大震災では、東北地方の太平洋沿岸を襲った津波によって多くの尊い命が犠牲になりました。この災害を受けて、悲劇を繰り返さないため、津波から国民の生命を守ることを目的とした「津波対策の推進に関する法律」が制定され、11月5日が「津波防災の日」と定められました。
11月5日というのは、江戸時代(1854年)に中部地方から九州地方の太平洋沿岸に大きな津波被害をもたらし、『稲むらの火』のモデルにもなった安政南海地震の発生した日でもあります。
今年度の総合防災訓練は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、中止となりました。津波防災の日を一つのきっかけとして、ご家族や身近な人たちで、地震・津波への防災対策や災害時について話し合っておきましょう。

■11月9日は「119番の日」
消防庁では、消防に対する正しい理解と認識を深め、防災意識の高揚、防災体制の確立を目的として11月9日を「119番の日」としています。
「火災や救急・救助などの緊急時には、119番による通報をお願いします。」

◇固定電話からの119番通報について
消防署の位置情報システムによって通報場所が特定しやすく迅速に出動することができます。

◇携帯電話からの119番通報について
通報場所によっては、今治市や尾道市の消防署に繋がる場合がありますが、上島町消防署へ転送してもらえますので、電話を切らずに待ってください。

◇119番通報のポイント
(1)通報した理由を伝える
最初に「火災」か「救急」なのか伝えて下さい。
(2)場所を伝える
地区名と番地を伝えて下さい。番地や場所がわからない場合は、目標物などから伝えて下さい。
(3)状況を伝える
火災や救急の状況(何がどうした?誰がどうなった?など)を伝えて下さい。
(4)自分の名前(通報者名)と連絡先を伝える
状況などの再確認が必要な場合に、消防署から連絡をします。
※現場が確認できたら署員は出動していますので、落ち着いて(3)、(4)について説明してください。

■秋季全国火災予防運動の実施について
毎年、11月9日から11月15日までの1週間を「秋季全国火災予防週間」と定め、全国で火災への注意が呼びかけられています。
これからの季節は、空気が乾燥して火災の発生しやすい気象状況が続きます。火の取り扱いには十分注意し、火災を起こさないように努めてください。

■令和3年9月出動件数

(令和3年9月30日現在)

■令和3年度全国統一防火標語
「おうち時間 家族で点検 火の始末」

問合せ:上島町消防署・消防本部
【電話】77-4118

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU