文字サイズ
自治体の皆さまへ

島おこし協力隊活動報告(公営塾)

6/25

愛媛県上島町

■「ゆめしま未来塾 特別インタビュー」
こんにちは!ゆめしま未来塾の田中です。今回はインタビュー形式で塾生の様子をお伝えさせていただきます。今回は1年生のころからほとんど毎日通塾している能地紘輝さん。
ーよろしくお願いします。早速なのですが塾に入ったきっかけを教えてもらってもいいですか?
能:2つ上の先輩から勧められたことがきっかけです。塾では簿記や漢検対策をしていると聞いたので入ってみました。実際に入ってみて、学習時間の確保と問題の解き方を教えてもらって成績が上がりました。
ー以前、先生から教わるときにコツがあるといってましたね。
能:いつも心がけていることは、答えは聞かずに問題の解き方を教えてもらうように意識しています。しっかり考えて答えを自分で導くことが重要だと思ってます。
ーそれが良い成績のコツなんですね!ちなみに進路はどのような方面に進むのですか。
能:進路は自動車関連の部品をつくる会社に就職します。きっかけは小学校のころに叔父からミニカーをもらった時に感動したんです。こんな小さいのに、どうやって部品ひとつひとつが精密につくられているのだろうって。
ーなるほど。じゃあ小学校のころから自動車に携わる仕事をしようと考えていたわけですね。
能:実はそんなことはないんです。(笑)漁師や消防士にも憧れがあったりして、そういう方面もいいなと思っていました。でも、車が好きっていう気持ちがずっと変わらなくて。やはり自動車関連の仕事につきたいなと思って。最近、街でトヨタのベルファイヤをみることがあったんですけど、種類によって正面から見た時の表情が違ってたまらないんです!車オタクと呼ばれたい(笑)
ー塾でも車の話をよくしてくれますもんね。最後にゆめしま未来塾の後輩達に伝えたいことはありますか。
能:塾に行けば間違いなく勉強時間は確保されますよね。そこは最低限保証されると思います。あとは塾の先生はいい意味で先生らしくないですよね。(笑)近所のお兄さん、お姉さんみたいな感じで相談しやすい。なにか悩み事があれば相談してみてほしいなと思います。
ー今日はありがとうございました。1年生のころから継続して通塾している能地紘輝さん。日頃からやるべきことを着実にこなす印象があります。今後も自分の道を切り開いてくれることを祈っております!

担当:ゆめしま未来塾 田中慎太郎

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU