文字サイズ
自治体の皆さまへ

サイクリングしまなみ2022

1/29

愛媛県上島町

◆国内46都道府県から6,191人、国外33の国と地域から180人が参加。

◇Bコース INNOSHIMA 70 尾道向島→生口島→岩城島→生名島→因島→尾道 約70km
◇Gコース YUMESHIMA 80 今治→生口島→岩城島→生名島→弓削島 約80km

◆〜ゆめしま海道〜上島町の2コースを満喫
しまなみ海道や愛媛、広島両県の沿線島しょ部のゆめしま海道を舞台とした、瀬戸内しまなみ海道・国際サイクリング大会「サイクリングしまなみ2022」が開催され、6371人が参加しました。
上島町を巡るコースは、今年3月に岩城橋が開通したことにより新たに1コースが新設され、2コースとなりました。ひとつは尾道向島発、しまなみ・ゆめしまの5つの島を巡る「尾道・上島の多島美を満喫するINNOSHIMA70(Bコース)」約70キロ。もうひとつは、「しまなみ・ゆめしま2つの海道と8つの島を巡る島三昧YUMESHIMA80(Gコース)」約80キロ。上島町内では、789名の自転車愛好家が訪れ、秋晴れの下サイクリングを楽しみました。
両コースとも岩城の小漕港から上陸し、Bコースは岩城港のエイドステーションから岩城橋を渡り生名島を一周。立石港から因島へ渡りフィニッシュの尾道へ。Gコースは生名橋、弓削大橋を渡り、弓削港のフィニッシュ会場までのコース。
岩城橋では、仲間と記念撮影を楽しむ参加者もおり、上島町の岩城、生名、佐島、弓削を結ぶ、ゆめしま海道のサイクリングを満喫できたようです。
また、岩城港のエイドステーションやフィニッシュ会場の弓削ひだまり公園では、もてなす住民との交流があり、地域の皆さんが一体となったサイクリングしまなみ2022となりました。沿道で声援をいただきました皆さま、盛大な応援や笑顔を有難うございました。

※詳細は本紙をご覧ください。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU