文字サイズ
自治体の皆さまへ

島おこし協力隊活動報告(公営塾)

7/27

愛媛県上島町

■「ゆめしま未来塾 特別インタビュー」
こんにちは!ゆめしま未来塾の田邊です。
今回もインタビュー形式で塾生に話を聞いていきます。今回は岡山理科大学に合格した後藤くんにお話を聞かせてもらいました!

ー本日は宜しくお願いします!早速ですが、後藤君はなぜ弓削高校に来ようと思ったのですか?
後:身も蓋もないですが、家から近いことが1番の理由です。毎日通学することを考えると近いことは僕にとって大切です。あと生徒数が少ないので環境が有効に使えると思いました。
ー弓削高校でよかったことは何ですか?
後:知っている先輩が多くて親しみやすかったことです。上下関係なく、学校の環境に慣れるのが早かったです。
ー弓削高校に通って3年間、自分が変わったと思うことはありますか?
後:中3から高2くらいまでの時期は周囲に対してトゲトゲしていたんですが、今は「トゲがなくなった」「丸くなった」と周りの人からいわれます。
ー確かにそう思います。何がきっかけで変化がありましたか?
後:きっかけは人間関係ですね。2年生の時、自分とは全くタイプの違った先輩と仲良くなりました。その人はいわゆる天然で、大きな声でバカなことがいえる人でした。それまでの僕だったら「何言ってるんだこの人」と冷めた視線を送っていたと思いますが、仲がよかったこともあり楽しく、自分には出来ないことを出来てすごいと素直に感じました。
ーそれは大きな感じ方の変化ですね。それは行動にも影響しましたか?
後:いろんな人と自分の方から話すようになりました。少しずつ話しかけられることも増えました。僕が1年の時には部活の先輩によくしてもらったので自分が3年になってからは、自分がしてもらったように後輩をかわいがっています。
ー行動の変化を通して発見したことはありますか?
後:以前は人に話しかけるのも面倒だと思っていましたが、話してみると意外と面白い人が沢山いました。あと話したり笑ったりすることが増えたせいなのか、表情や顔つきが変わりました。とても明るくなりました。高1の時の写真を見ると自分でも別人のように感じます。
ー弓削高校の3年間を通して内面的な気づきと成長の機会があったのですね。後藤君は岡山理科大学への進学ということですが、なぜその大学に決めたんですか?
後:僕は化学が好きで、その大学では実験の授業が多いのが一番の理由です。中学の時に授業で色んな実験をして、それが面白くて好きになりました。高校化学では物質の一瞬の反応が面白いです。もう一つの理由としては、安心して授業に臨める体制が整っていることです。高校で履修しなかった科目も付属高校の先生が授業をしてくれるそうで、基礎部分の不安な部分もカバーできます。
ー最後に、今後ゆめしま未来塾に入塾する生徒に一言ください!
メリハリがつけられて、勉強が苦手に感じている人でも勉強する習慣が作っていける環境だと思います。

担当:ゆめしま未来塾 田邊勇人

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU